FC2ブログ

人々の恐怖を煽っているのは間違いなく東電や政府、マスコミ

「逝きし世の面影」リンクより転載します。
------------------------------------------------------------
『人は判らないものを恐れる』

闇夜が怖い訳は、人間は何時もは情報の9割以上を視覚に頼って生きているので、肝心の自分の目が働かない夜の『闇』が恐しい。
誰であれ『判らない』ことが一番恐ろしいのです。
『人生において恐怖すべきことは何も無い。あるのは理解すべきことのみである』とのマリー・キューリーの言葉の通りで、『わからない』ことを無くせば恐怖も無くなる。
それと共に大事なのは、食事や睡眠など何気ない何時もと同じ普通の生活の保障でしょう。
これが一番(精神的な)『安心』に繋がるのです。
東京のような大都市住民にとっての『安心感』に一番大切なのは、電力とか交通機関などのインフラの確保なのです。
ところが、これが今では無茶苦茶なので、それが原因で東京都民のように誰も彼もがパニック買いを行う困った状態が続出するのです。
その意味では電気や鉄道を止めて不安を煽った東電や政府の意識的な怠慢(計画停電や鉄道の運休)は、十分に責められて当然であり、許されない失態である。

『プルトニウム汚染の恐怖』

そして今回の事態で一番の問題点とは3日前にもあったように放射性物質の ヨウ素、セシウムなどの放射性物質の問題よりも矢張り『プルトニウム汚染は絶対に許されない』ということでしょう。
何故なら、プルトニウムが他よりも怖いと言うことだけは良くわかっているのですが、『どれだけ怖いか』が、世界に前例が無いだけに良くわからない。
この『判らない』ところが矢張りプルトニウム汚染が一番怖い原因なのです。
そして、実は人々の恐怖を煽っているのは間違いなく東電や政府、マスコミなのですよ。
今まで一度も『プルトニウム汚染』のことを政府も東電も誰も語らないのです。
ところが東電や政府や自衛隊、警察消防が一番恐れているのもプルトニウム汚染らしいことは、日本人全員が誰でも薄々判ります。
政府や東電が一番問題視して放水に励んでいる福島第一原発3号機とは、実はウラン燃料ではなくてプルトニウム汚染が怖い混合燃料なのですね。
だから日本人全員が不安になる。
政府や東電には、悪い内容であれ全面的な情報開示しか、この人々の不安の除去は出来ないのだとの真実に早く気がついて欲しいものですね。

『宮城県より悪い岩手県。他県と比較出来ないほど悪い福島県』

福島県ですが岩手宮城など他の県とは大きく違い、一桁以上死者の数が少ないのです。
ところが、実は行方不明者では福島県が断トツに多い。
因みに死者と行方不明の合計では、この三県は同じ程度ですが、宮城県では死者の半分の人数の行方不明者数に成っている。
対して岩手県はこの比率がちょうど逆で死者数の2倍の行方不明者数なのです。
この数字から東北一の大都市の仙台を抱える宮城県よりも、田舎で過疎地の多い岩手県の方が圧倒的に救助が遅れている現状が明確に判るのです。
ところが、もっと酷い例は実は福島県であり死者数の10倍以上の行方不明数なのですから、酷い話ですが福島県では全く地震や津波の救助活動が行われていない可能性が高い。
原因は矢張り原発事故の対応で、圧倒的に人手が足らず『それどころではない』悲惨すぎる現場状況であろうと推測出来るのですね。

『津波の痕跡が皆無の福島第一原発の現場の怪』

ところが大津波ですが、福島第一原発の現場の大地震体験者全員、一言の津波への言及が無いのですよ。
おかしすぎる。
4号機で作業に従事していた原発業作員の証言では、機材が散乱する様子や地震直後に1号機から上がる白い煙の明確な証言があるが、何処にも『水』の話が出てこない。
その場にいた筈なのに、誰一人も地震自体よりも格段に恐ろしい『津波の怖さ』や『海水の高さ』や『水を被った』などの記述が無いのですよ。
また報道されている範囲では、福島第一原発の写真で津波現場の痕跡が見当たらない。
どこにも明確な跡が無い。(誰か第一原発の津波の被害現場の証拠をお持ちでしたら教えてください)
津波の水が来た高さの汚れ(すじ)が写真には無いのです。
ところがディーゼル発電機は津波による損害で稼動しなかったと東電から報告されている。
福島第一原発に散乱する瓦礫は、爆発事故によるもので津波の漂流物が現場に一つも無いのです。
原発の建物も津波の被害は認められない不思議。
何故でしょうね。

『気体が出ない構造なら絶対に液体は入らない』

少なくても津波では原発の建物には目立つ被害は一つも出ていない。
目視ではこの格納容器を入れた建物は、放射能を隔離する目的で窓などの開口部が無い密閉構造のビルであり、それなら内部の津波被害も考えられない。
何故なら放射性ガス(気体)を外に逃がさない構造のビルなら、外からの水の浸入など本来有ってはならないし、あるはずが無い。
ですから地震や津波で格納ビル本体が破壊されるか亀裂でも入らない限り、気体も逃がさない構造の格納ビル内のディーゼル発電機は絶対に海水に侵されることは無いのです。
ところが報道されている範囲では、亀裂も損傷もビル本体には無かった(無傷)のですよ。
水素爆発を起こして1メートルの厚みがあるコンクリート壁が吹き飛ばされたが、このことから原子炉の格納ビルは建物上部だけは爆発まで密閉されていたことが判る。(密閉されていないと爆発力は弱まる)
東京電力福島第一原発では、報道されていない『何か』の誰にも知られたくない恥ずかしい大失敗をしていた可能性があり、その為に何か大事な『事実』を隠している可能性が高いのです。
--------------------------------------------------------------
以上です。


匿名希望
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

年金受給者の消費が日本経済に大きく影響、年金受給者は無視されアベノミクスのウソに怒っている

 年金受給者の消費が日本経済に大きく影響、年金受給者は無視されアベノミクスのウソに怒っている。日本では雇用や賃金の改善にもかかわらず、消費は依然弱々しい。その謎を解く1つのカギは年金生活者にあるとみられている。約4000万人と総人口の3割を占めるにまで増加したことで、賃金や雇用の改善が波及せず、消費増税や物価上昇の影響が大きく出ているという。 「公的年金受給者が増加し、雇用や賃金の改善とは...