FC2ブログ

“御用聞きコメンテーター(専門家の意見:学者、評論家、エコノミスト他)”を信じてはいけない

よくテレビに出てくる「専門家の意見」。その実体を報告する記事がありましたので紹介します。

以下、“御用聞きコメンテーター”を信じてはいけないリンク より転載。

-----------------------------------------------------------------
日銀短観や国内総生産(GDP)などの重要経済統計の発表、あるいは急激な円高進行や株式市場の暴落など、さまざまな経済ネタが新聞やテレビで報じられない日はない。統計や市場の動揺などが伝えられる際、著名な大学教授やシンクタンクのエコノミスト、あるいはアナリストがコメントを寄せているケースが多いのは多くの読者がご存じの通り。だが、こうした「専門家の見方」という体裁には、いささか危険な側面があることはあまり知られていない。今回の時事日想は、コメンテーターの資質に焦点を当てる。

●今日はどんなトーンで?
 筆者が駆け出し記者時代、先輩から1枚のリストを渡された。外為市場が荒れた際、あるいは日銀短観などの指標が発表された直後、コメントを求める専門家の一覧表だった。

 冒頭で触れた通り、リストには著名な大学教授や経済評論家、シンクタンクのエコノミストのほか、凄腕ディーラーなど、そうそうたる顔ぶれがそろっていた。

 この中で、筆者が注目したのは某シンクタンクの幹部だった。名前の横に☆印が付けられ、「最終兵器」との手書きメモが添えられていたからだ。なぜ彼が最終兵器なのか尋ねたところ、先輩はニヤニヤするばかりだった。

 数日後、実際に外為市場が荒れた。このため筆者に対し、外為市場の乱高下を伝える記事に、専門家の分析コメントを追加するようデスクから指示が出された。

 筆者は早速、この幹部に連絡を取った。すると、なぜ彼が最終兵器と呼ばれているのかが即座に理解できた。開口一番、この幹部は筆者にこう言ったのだ。

 「やぁ、どうも。今日はどんなトーンでしゃべったらいいのかな? 強気、それとも弱気? リクエストしてくれれば、ご希望に沿うようにしゃべるから」――。

 要するに、筆者がこれから執筆する記事のトーンに合わせる形で、都合良くしゃべってくれるという非常にありがたい方だったのだ。

 具体例を示すと、以下のようなことになる。

 「円高脅威論」的な記事であれば、円高による日本経済への悪影響を説明する。「円高は一時的」とする分析記事であれば、投機筋による行き過ぎた動きだ、などとコメントしてくれるわけだ。

 経済ニュース向けにコメントを提供してくれる専門家には、持論を曲げない頑固タイプの方々が存外に多い。また、会議や出張などの都合で、メディア側が話を聞きたい際、物理的につかまえられないケースも多々ある。

 筆者に「最終兵器」のリストを授けてくれた先輩記者によれば、「彼はいついかなる時も、どんなトーンでもコメントしてくれる最後の切り札」ということだったのだ。

 実際、筆者が受け取った一覧表には、同幹部のオフィスの電話番号のほか、自宅の番号も載っていた。メディアには大変貴重な存在だった。

 だが、副作用もあった。同じテーマで取材したはずなのに、他のメディアでは全く別の事柄をコメントされる機会が少なくなかったのだ。筆者が想像するに、他メディアの担当記者の間でも、同幹部は「最終兵器」と同じニュアンスの扱いだったのではと確信している。

 現在、彼はシンクタンクから某大学の教授に転身。今も頻繁にテレビの情報番組などに頻繁に出演している。過日、某民放局記者から聞いたところによると、「新幹線で移動中でも携帯電話を介してコメントをもらえる」のだとか。これではほとんど御用聞きの世界だ。

●引き継ぎリストを見直せ
 引き合いに出した元幹部はいたって温厚な人物であり、筆者が個人的に恨みを抱いているわけではない。ただ、同氏ほどではないにせよ、経済ニュースに登場して解説を加える専門家の中には、「メディアへの露出が最優先課題」ととらえている向きが少なくないのだ。露出度が上がることにより、業界紙が実施するアナリストランキングが上がる、あるいは、講演のギャラが上昇すると割り切っている向きも確実に存在している。

 内外の通信社や一部の経済メディアを除けば、大手紙や民放テレビの経済担当記者の異動のサイクルは速い。長くて1年、半年おきに担当部署が変わるケースがざらにある。

 こうした際、手元にコメントを寄せてくれる専門家のリストがあれば、取材の手助けとなることは間違いない。また、通信社や業界紙に登場する頻度の高い専門家を選びがちになる。原稿をチェックするデスクに話を通しやすくなるからだ。

 ただ、先に触れたように「露出最優先」の関係者に当たり、おざなりなコメントを取る機会が増加する事態になってしまえば、原稿の価値は大きく減じてしまう。記者ならば自身の目で、自分の原稿を補完しつつ、読者をより高みに導いてくれる専門家をコメンテーターとして発掘する努力を怠ってはならない。

以上、転載。

------------------------------------------------------------------
このような御用聞きコメンテーターは、政治・経済・環境etc全ての分野に溢れているのであろう。





yooten
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

子どもの貧困増大と生活保護世帯の増大・不景気は連動、最良の解決法は親への充分な教育と良い就労の提供

子どもの貧困増大と生活保護世帯の増大・不景気は連動、最良の解決法は親への充分な教育と良い就労の提供。子供の貧困解決は経済の活性化にも最良の方法、社会保障研究の専門家みわよしこ氏が情報収集し分析し推論、例えば、夫から養育費を受け取れない、あるいは受け取れても不十分の場合、児童扶養手当・就学援助の充実、母親の就労を「子どもの養育に充分な収入が得られ、なおかつ、子どもの養育に必要な時間など、資金以...