FC2ブログ

ワイドショーの論調で事件はつくられていく、それが日本の現実!

永田町異聞さんに、事件が如何にして捏造されていくか興味ある記事があるので紹介します。

ワイドショーに影響される検察捜査


以下引用・・・・・

テーマ:政治
試験合格官僚の支配から脱却し、国民に選ばれた政治家が主導する国家へ。

この国の政治を根本改革してほしいと願って、有権者が一票を投じ、民主党政権が誕生したはずだった。

ところが、いま試験合格官僚による、強引な旧体制死守の策動にマスメディアが踊らされ、その扇情報道のあげく、自らが選んだ政権を否定する国民世論が形成されつつある。

逮捕拘留起訴の強権を持った検察の暴走は、「政治の腐敗を正す」と叫び、武力の脅威によって政党政治を破壊しつくし、翼賛体制を導いた戦前の青年将校たちと瓜二つだ。

検察が怖くて物が言えない政治家やジャーナリスト、識者たち。マスメディアはすべて同じ論調の「翼賛報道」を繰り返している。

「われらこそ国家の主人公」。霞が関の高級官僚にも、標的にした人間を社会的に抹殺できる検察幹部にも、通底した意識だろう。

選挙しだいでただの人になる政治家など、彼らはハナから見下しているのだ。

「まさかこんなに早く、民主党がおかしくなるとはねえ」。とっくに政界を引退している小泉元首相の講演でのワンフレーズを、テレビは小沢報道に挟み込んで、自民党時代へのノスタルジーをかきたてるかのような伝え方だ。

東京地検特捜部がテレビのワイドショーの論調で事件をつくっていく傾向があることを明らかにしたのは、佐藤優氏を取り調べた西村検事だった。

西村検事は、外務省のロシア専門家だった佐藤氏を捕まえた理由について「あなたと鈴木宗男をつなげる事件をつくるためなんだ」と説明し、「あなたは運が悪かったとしかいえない」と話した。

佐藤氏と西村検事は取調室で、しばしば国策捜査について議論した。以下は、そのなかの一節(佐藤優「国家の罠」より)である。

西村 「政治家に対する国策捜査は近年驚くほどハードルが下がってきてるんだ。ひと昔前ならば、鈴木さんが貰った数百万円ていどなんか誰も問題にしなかった」

佐藤 「あなたたちが恣意的に適用基準を下げて事件を作り出しているのではないだろうか」

西村 「そうじゃない。僕たちは適用基準を決められない。時々の一般国民の基準で決めなくてはならない」

佐藤 「それは結局、ワイドショーと週刊誌の論調で事件ができていくことになるよ」

西村 「それが今の日本の現実なんだよ」

西村検事は、被疑者である佐藤氏とも立場を超えたコミュニケーションのできる稀有な検事であり、珍しく正直な人柄と見受けられる。

彼の話からうかがえるのは、例えばみのもんた氏のように声の大きい司会者とその話の流れに逆らえないコメンテーターたち、あるいは政治など全くわかっていないタレントの意見などが、間接的に検察の捜査に大きな影響を及ぼしているということだ。

それが昨今の強硬な「無理筋捜査」につながり、裁判で無罪判決が出る背景になっている。

テレビ番組の製作にたずさわる人々は、そういうところまで思いをいたす必要がある。誰かの悪評を一方的にあげつらい、血祭りにあげるような編集の仕方は、国民の冷静な判断の邪魔になるだけである。

・・・・引用終わり



阿留毘
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)