fc2ブログ

「バカな視聴者がよろこぶから続けている」テレビ局がワイドショーをやめられない根本原因

以下リンクより引用

***
放送内容の偏りなどからたびたび批判を受けながらも、テレビ局は「ワイドショー」の放送を続けている。なぜやめられないのか。著述家のKヒロさんは「制作陣が『視聴者は喜怒哀楽を提供するとよろこぶ』という固定観念から抜け出せていない。その結果、若者のテレビ離れが進んでいるのだろう」という――。

〇視聴率不毛地帯の救世主として60年前に登場

コロナ禍のなかで多大な迷惑を振りまいたものの一つが、視聴者の不安を煽あおり立てたテレビのワイドショーだ。コメンテーターが振りまく怪しい医療情報や感情的な意見に惑わされた人々は、コロナ対応の第一線で働く医療関係者や保健所スタッフの頭痛の種になった。

迷惑を被こうむったのは医療関係者だけではない。筆者の身近にも、あるワイドショーの名前を挙げて「ワクチンで死にたくない」と言い張る老人に正しい情報を伝えるため、大変な労力を要したケースがある。ネットニュースで報じられたワイドショーの報道ぶりにも、非難のコメントが集まった。

とはいえ、ワイドショーが迷惑を振りまくのはいまに始まった話ではない。興味本位のスキャンダリズム、もっともらしいが不正確な見解を垂れ流す「コメンテーター」たちの影響力。「やらせ」という業界用語が一般社会で使われるきっかけとなった事件も、ワイドショーが引き起こしたものだった。

こんな困り者なのに、現在ワイドショーは週20番組以上も放送されている。しかも約60年前からずっとこの調子だ。

ワイドショーはわが国独自のカテゴリーで、1964年に日本教育テレビ(現テレビ朝日)が放送を開始した「木島則夫モーニングショー」が始まりとされている。同局は視聴率低迷とスポンサーの獲得に苦慮し続けていたが、なかでも不毛地帯と呼ばれていた朝8:30から9:30の枠に、芸能の話題やニュースなど雑多な情報を伝える低予算番組を放送することにした。それまで視聴率ほぼ0%だったこの時間枠を使ったショー番組は予想以上に好評で、放送開始直後から視聴率3%、後には15%にまで達し、不毛地帯は金のなる木に変わった。


〇低予算で確実に視聴率を稼げる

こうしたワイドショーの形態や安定した視聴率は、現在も変わらない。午前の雄「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)は視聴率10%をたたき出すことも珍しくなく、早朝の時間帯から始まる他の番組も7~9%台を記録する。午後は「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)をはじめとするワイドショーが、視聴率5~6%台を確実にキープしている。

では、この視聴率にどのくらいの価値があるのだろうか。例えば莫大ばくだいな予算と日程を投じて制作されている大河ドラマ「鎌倉殿の13人」は視聴率15%前後だ。それとは比較にならないほどの低コストで5~10%の安定した視聴率が得られるのだから、テレビ局にとってはぬれ手で粟あわで、やめられるはずがない。ライブ視聴中心で録画視聴がほとんどないワイドショーは、CMをスキップされないため、スポンサーにとっても効率がよい。
もうかっているなら伝える情報の質を高められそうなものだが、それでもワイドショーが変わろうとしないのには理由がある。

再び時代を遡さかのぼってみよう。「アフタヌーンショー」は放送2年目に司会者をテコ入れし、落語家の桂小金治を番組の顔に据えた。司会者交代の効果は抜群で、桂小金治は顔を真っ赤にして怒鳴ったり、嗚咽おえつで声が聞き取れないほど泣いたりして、「怒りの小金治、泣きの小金治」の異名を轟かせた。いま後期高齢者になった当時の視聴者は、いつ桂小金治が怒鳴るか、涙を流すかと、固唾かたずを飲んで見守っていたと証言している。

視聴者が求めていたものは情報の内容や質よりも暇つぶしのための喜怒哀楽や驚きだった。「アフタヌーンショー」は正午の枠としては驚異的な最高視聴率20%を記録したが、これは視聴者の感情の昂たかぶりを表した数字と言っても過言ではない。こうして「アフタヌーンショー」がワイドショーの王座に就くとともに、喜怒哀楽と驚きを過剰に煽る演出もまたワイドショーの王道的手法として確立されたのだった。


〇視聴者が求める「期待どおりの感情」

「視聴者は期待どおりの感情になれなければ満足しない」――。あるベテラン放送作家から、筆者はそう聞いたことがある。テレビの黎明れいめい期から黄金時代にかけての雰囲気を知る彼は、さらにこう付け加えた。

「わからない言葉や表現が一瞬でもはさまったら、視聴者はそこで興味を失ってチャンネルを変えてしまう。わからないことを見つけて喜ぶのは頭がよい人だけだ」

こうしてワイドショーの需要と供給が成り立っている。制作側と視聴者のどちらもが、「もっともっと」とわかりやすさと親しみやすさと喜怒哀楽を求める。論理よりも感情で動いてしまいがちなのは人間の愛いとおしさであると同時に弱点でもあるが、ワイドショーはこの弱点をカネに変えるビジネスなのだ。


〇今やあらゆる番組が「ワイドショー化」

むしろ、低コストで高視聴率を実現するワイドショーの手法は、他のカテゴリーの番組制作者にとってもますます不可欠なものになっている。

音響効果や音楽の多用、保育園のようなカラフルなスタジオセット、やたらと挟み込まれるクイズ形式の演出も、いまやあらゆる番組に浸潤したワイドショー的演出だ。硬派の討論番組を名乗る「朝まで生テレビ!」もまた、出演者の文化人がそれぞれの役割を演じながら、挑発や嘲笑をぶつけ合って視聴者の感情を煽る見せ物小屋と言ってよい(かつて大島渚が「バカヤロウ」と怒鳴る瞬間が番組の名物だったことからも、この構造ははっきりしている)。

「感情でものを考える人をバカって言うんだ。最近は番組そのものがそうなっている。テレビの先はもう長くない」と、前述のベテラン放送作家は筆者に語っていた。総ワイドショー化に突き進む地上波テレビは、彼が予言した通りの滅びの道をたどるのだろうか
***


(新直)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)