fc2ブログ

長時間マスク着用は、脳や肺に深刻なダメージ

脳に不可逆的ダメージ。
それでも子供にマスクを付けさせますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク  より引用します。

マスクは酸素使用の自粛 それは脳に不可逆的ダメージを与える
ドイツ神経学者マーガレット・グリーズブリッソン博士

『酸素欠乏は永久的な神経障害を引き起こす』
吐いた空気を再吸収すれば、間違いなく酸素不足と二酸化炭素の洪水が発生します。私たちは、人間の脳が酸素不足に非常に敏感であることを知っています。例えば、海馬には、酸素がないと3分以上も生きられない神経細胞があります。
急性の警告症状としては、頭痛、眠気、めまい、集中力の低下、反応時間の低下、認知システムの低下などがあります。
しかし、慢性的な酸素欠乏になると、それらの症状は全て消えてしまいます。しかし、あなたの効率は損なわれたままで、脳内の酸素不足は進行し続けます。
神経変性疾患は、発症するまでに数年から数十年かかることがわかっています。
第2の問題は、低酸素により脳内の神経細胞が正常に分裂できないことです。数ヶ月後に自由に酸素を吸えるようになったとしても、失われた神経細胞はもう再生されません。
 酸素欠乏は全ての脳にとって危険なのです。ウィルスから身を守るために、絶対的に効果のないマスクをつけたいかどうかは、全ての人間の自由な判断でなければなりません。
子供や思春期の子供にとってマスクは絶対に禁物です。
子供や思春期の子供たちは、非常に活発で適応性の高い免疫システムを持っており、地球の微生物との絶え間ない相互作用を必要としています。
 彼らの脳もまた、学ぶべきことがたくさんあるため、信じられないほど活発に活動しています。子供の脳は酸素を渇望しています。新陳代謝が活発な器官であればあるほど、より多くの酸素を必要とします。
 子供の脳から酸素を奪ったり、何らかの方法で制限したりすることは、健康を害するだけではなく、絶対に犯罪です。酸素欠乏は脳の発達を阻害し、その結果として生じたダメージは元に戻すことができません。
『長時間のマスク着用で、マスクに混入する化学物質を吸入』
 ドイツ、ハンブルク環境研究所所長で世界的に有名なマイケル・ブラウンガルト教授は、繊維製及び不識布製のサージカルマスクを長時間着用すると、潜在的に発がん性物質やアレルゲン、微小な合成マイクロファイバーを肺の奥深くに吸い込まれる可能性があると述べています。

 業界をリードする繊維化学者のディーター・セドラック博士は、有害なフルオロカーボン、ホルムアルデヒド、その他の発がん性物質の濃度がサージカルフェイスマスクで上昇していることを発見し、ブラウンガルト教授と同様の懸念を抱いていると発言。
長期的なマスク着用による潜在的な化学物質への曝露の実際のリスクは、コロナウィルスに接触するリスクよりも高いのではないかと疑問を呈している。
 空気中のウィルス感染に対するマスクの有効性についての科学的根拠はありません。
実際、今回のコロナ感染経路から推察するに、SARSの時のように接触感染である可能性が高い。
必要なのは、マスクではなく手指消毒。
マスク着用による、脳障害や肺障害の危険性の科学的根拠は示されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(がらがらどん♪)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)