fc2ブログ

勝手にGoogleが6割以上のページのタイトルを勝手に書き換えて検索結果に表示、長すぎても短すぎてもダメ

Googleがユーザーたちのホームページの内容を、一部”勝手に”書き換えているようです。

以前、GoogleやAmazonが自社勢品を優先的に、ユーザーに表示するようなアルゴリズムを組んでいることで話題となりました。
それに付随するように、今度はホームページのタイトルを勝手に書き換えるようなことまで行っています。

ホームページを管理する人間としても、悩ましい問題です。

以下、引用
リンク
***
Google検索で情報を探そうとして、検索結果に並ぶページのタイトルが不自然な途切れ方をしていたり、省略されて内容がよく分からなくなったりしているのを目にしたことがある人は多いはず。Googleはよくページのタイトルを勝手に書き換えるので、コンテンツの制作者が意図したものとは違ったタイトルが検索結果に表示されることがしばしば発生します。そんなGoogleによるタイトルの書き換え対策について、検索エンジン最適化(SEO)対策ソフトウェアを手がけるZyppyのサイラス・シェパードCEOが解説しました。

ページのタイトルは、Google検索をしたユーザーの目に最初に飛び込んでくる情報なので、サイトの訪問者数やクリックスルー率に大きな影響を与えます。Googleは、以前から検索結果に表示されるページタイトルをよく書き換えてきましたが、これまでは軽微な変更にとどまっていました。しかし、近年は積極的にタイトルの書き換えを行うようになったため、サイトのオーナーにとって悩ましい問題になりつつあります。

Googleによるページタイトル書き換えの実態を調べるため、シェパード氏はタイトルタグ解析ツールを使って世界中で公開されている2370サイトから合計8万959件のタイトルタグを抽出し、Googleの検索結果と比較する調査を実施しました。

その結果、Googleは実に61.6%もの頻度でページのタイトルを書き換えていることが判明。特に、以下のような傾向のあるタイトルはよく書き換えられていました。
・長すぎるか、または短すぎる
・同じキーワードが複数回使われている
・「-(ダッシュ)」や「|(バーティカルバー)」などのセパレーターで区切られている
・括弧が使われている
・他の多くのタイトルで使い回されてている定型文である「ボイラープレート」が含まれる
・ブランド名がないか、もしくは余分なブランド名が入っている

Googleによる書き換えの対象になりやすい要素が分かったので、シェパード氏は次にあまり研究が進んでいない「長さ」「括弧」「セパレーター」について掘り下げることにしました。

以下、略
***

(山口拓巳)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)