fc2ブログ

不登校の原因は「校則」にある


近年、連続的に増加傾向にある不登校者数ですが生徒事態に問題があるのでしょうか。無意味に生徒を苦しめる校則こそが生徒たちに負担を掛け学校に行きづらくしている一つの要因だと考えます。


----------------以下引用----------------
リンク


勉強は好き。部活も楽しい。先生も友だち関係も問題ない。でもなぜか、学校に行きたくない…。
女子生徒がそう思い始めたのは中学1年の2学期のころ。その理由は、学校の「校則」にありました。
いま、校則などの学校のきまりをめぐる問題が何らかの要因となり、不登校になった小中学生や高校生は年間5000人を超えています。学校に通えないまま中学3年生になった女子生徒が体験を語ってくれました。
(社会番組部ディレクター 藤田盛資 / 社会部記者 能州さやか)

■“男子は短髪”性差に苦しむ人いないの?
「私は現在中学3年生で、校則や学校の構造・風潮が原因で不登校になりました。変えたいと思う校則、書ききれないほどありますが、先生に何度問いかけても『気持ちは分からんでもないけど中学生が服装や髪型、持ち物を縛られるのは当たり前。規制されて当たり前』というような態度で返されます。私がおかしいのか、私がわがままなのかと思い、何度もひどく悩みました」
ことし7月、NHKの校則取材班に届いた1通のメール。
関西地方で暮らす中学3年生のサヤさん(仮名)からでした。
話を聞きたいと連絡を取ると、中学1年生の2学期から2年近く不登校が続いていると話してくれました。
小学校の頃は学級委員を務め、中学校に入っても勉強や友だちとの人間関係に悩んだことはなかったサヤさん。
そんな彼女が「学校しんどいな…」と思うようになったのは中学1年の2学期のころ。
だんだん、朝起きて制服を着て、学校までの道のりを行くのがつらくなっていきました。
最初は自分でも理由が分からなかったそうですが何がいやなのか考えていくと、“校則”や“制服”がしんどいのだと気付いたといいます。
サヤさんは中学校に入ってから、LGBTQなど性的マイノリティーの存在について学び、男女の区分だけでは単純に分けられないこと、多様な立場の人たちがいることを学びました。
それまでいわゆる“女の子らしい”格好が好きでしたが、パンツスタイルも好きになり、「女性」ではなく「人」としてありたいと考えるようになったといいます。
しかし、サヤさんの学校では、女子は髪を伸ばせますが「男子は耳にかからない短髪」「制服は女子はスカートのみ、男子はスラックスのみ」などと性差がはっきりある校則でした。
また髪型以外にも夏は半袖しか認められず、気温の低い日や冷房で寒いときもカーディガンなどを羽織ることさえ認められていません。

次第に、「校則」は誰かを苦しめたり、人権を踏みにじったりしているのではないかと感じるようになりました。
中学3年生のサヤさん(仮名)
サヤさん
「この校則があることで男子で髪が長い、あるいは伸ばしたい人や、LGBTQ、特にこの問題に関してはトランスジェンダーの生徒などが排除されてしまうのではないかと思いました。また夏は半袖のみで、自分の健康管理もできない制服や校則ってどうなんだろう?と、違和感がつのっていきました」


■先生に相談したら…『制服アレルギーみたい』
その後も、制服が“不合理な校則の象徴”のように思え、納得できないまま着ることがつらくなっていったサヤさん。
午後だけの登校や休むことも増えていきました。
何とか登校したいと考えていたとき、追い打ちをかけたのは教員の対応でした。
「制服を全面的に否定したいわけじゃなくて、着たい人は着たらいいと思うんです。同時に着たくない人や着られない人にも選択肢があってほしいなと思って。個人の自由を規制するなら理由や効果、規制される側の同意が必要なはずなのに、学校はそうじゃないですよね。縛られて当たり前、多少理不尽でもそれが普通なんだと」
信頼している別の教員に相談しようとしましたが、一日中忙しそうな様子を見て、負担になると考えやめました。


■ “校則などで不登校”年間5000人超
サヤさんのように校則や制服がきっかけで不登校となるケースは少なくありません。
文部科学省の調査では、校則といった「学校の決まりなどをめぐる問題など」が、何らかの理由となって不登校になった子どもは、2019年度は小学生で1279人、中学生で3153人、高校生は1140人と、合わせて5572人に上ります。
校則に違和感があるのは子どもたちだけではありません。

■大人も子どもも理不尽さを感じることがある校則。
改めて注目される中で、実はいま校則改革の波が広がっているのです。
NHKが全国の都道府県の教育委員会に、管轄する公立高校についてアンケート調査をしたところ、教育委員会として「校則を見直した」「見直す予定」は合わせて19と4割を占めました。
それ以外にも「学校単位で校則見直しの動きがある」というところも26あり、全国的な動きとなっています。
一方で、人権上問題などと指摘がある「下着の色を指定」する校則がある公立高校は、都道府県の教育委員会が把握しているだけで少なくとも181校あり、今後、さらに見直しの動きは加速するとみられます。
「いろんな人が、その人のまま、学校という教育の機会から排除されなくていいような、より多様な人を受け入れられるような学校になっていけばいいなと思います」
サヤさんから話を聞く中で感じたのは、令和の時代の中学生らしい、現代的な人権感覚や多様性が当たり前のように備わっていること。
だからこそ、これまでは見過ごされてきた校則や制服の矛盾に気付き、納得できずに苦しんだ気持ちが伝わってきました。
皆さんも「なんでこんな校則あるんだろう?」とか「この校則、苦しいな」などと感じることはないでしょうか?
取材を進める中で、校則を見つめ直すことは、“1人でも多くの生徒が過ごしやすい学校”そして“よりよい社会をつくる”大事な一歩のように感じています。

--------------------------------
以上

(872)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)