fc2ブログ

メディアで子どもへのワクチン接種誘導多数。子供たちの命を守る為に正しい情報を。

最近メディアで子どもへのワクチン接種誘導多数。子供たちの命を守る為に正しい情報を。

<以下ワクチン接種誘導記事>
■全米でサンタ不足 子どもからの感染リスク恐れ

以下引用
リンク

> 国際本物髭(ひげ)ありサンタ組合、スティーブン・アーノルド組合長:「残念ながら私たちの多くは肥満で心臓病や糖尿病を患っていて、コロナで重症化する爆弾を抱えている。去年は私たちのグループで50人以上のサンタを亡くしたんだ」  子どもからの感染リスクを恐れる高齢男性が多いことから、今年はサンタクロース役が全米で不足しているということです。  アメリカ小児科学会は今月18日までの7日間で、子どもの感染者数が2週間前より3割増えたと明らかにしています。  今後、クリスマスに向けてさらなる感染拡大が懸念されています。

■子どもの感染、2週間前と比べ32%の激増 米小児科学会

以下引用
リンク

>(CNN) 米国の小児科学会(AAP)は25日までに、子どもの新型コロナウイルスの新規感染者が2週間前に比べ32%の激増を示したとの新たなデータを公開した。
今月18日までの1週間では少なくとも14万1905人の子どもの新規感染が判明。この期間における新たな感染者総数のうちの4分の1以上となる釣り合いに乏しい比率を占めた。
米国の総人口のうち子どもの割合は22%。米国内で新型コロナの感染が問題化し始めた昨年初期の段階で、確認された感染事例で子どもの比率は3%以下だった。パンデミック(世界的な大流行)が始まった以降で陽性診断を受けた米国の子どもは680万人以上となっている。
AAPは報告書で、子どもの感染者数は「極度の高水準」にあるとの見方を示し、感染者数が10万人以上となったのは15週連続とした。ただ、感染して入院を迫られる子どもは成人と比べてより少ない可能性にも言及した。
子どもの感染者の死亡も少ない。同報告書によると6州では死亡が皆無で、年齢別の死亡数を公表している州を見た場合、子どもの割合は0.00〜0.25%となっている。
全年代層での新規感染もここ数週間、拡大基調にある。感染は今夏の激増の後に急減したが、再び増え始め今年8月に見られた水準に戻った。
ファウチ大統領首席医療顧問(米国立アレルギー感染症研究所長)はCNNの番組で、予期しえなかった兆候ではないと指摘。数百万人規模が依然未接種の状況の中で、地域社会におけるウイルスの活動は未接種者への感染を誘発しやすく、ワクチンの防御力は100%ではないので接種を終えた住民にも波及すると説明した。
米国では5歳以上の子どもへの米ファイザー社製のワクチン投与が承認された。非営利団体「カイザー・ファミリー財団」の調査結果によると、子どもへの接種について両親の3分の2は様子見を保つ、あるいは拒否すると回答していた。


■【Japan Data】コロナワクチン、子どもたちも「受けたい」 : 「日常を取り戻したい」「社会の目が怖い」

以下引用
リンク
>新型コロナウイルスワクチンの2回接種率は75%を超え、11月中にも希望者の接種はおおむね完了する見込みだという。欧米諸国では、小学生への接種が始まっており、日本でもファイザーが厚労省に認可申請をしたが、果たして、当事者である子どもたちや保護者はどのように考えているのだろうか。

子どもたちのワクチンに対する考え(出所:国立成育医療研究センター)

国立成育医療研究センターが2021年9月に実施した「コロナ×こどもアンケート」調査で、小学1年~高校3年生(有効回答1271人)にワクチン接種に対する気持ちを聞いたところ、60%が「とても受けたい」「どちらかという受けたい」と回答した。

小学1~3年生は「受けたい」合計が50%だったが、高校生は「とても受けたい」50%、「どちらかという受けたい」28%。学年が上がるほど、「受けたい」意向が強い。

受けたい理由としては、「感染したくない、周囲に迷惑をかけたくない」(中3)に加えて、「コロナにかかる人を減らせばも、早く収束すると思った」(高1)、「部活や体育祭がやれるようになるし、修学旅行に行きたい」(中1)など、日常生活を取り戻すことへの強い思いもある。また、「社会の目が怖い」(小6)、「学校でいじめられるのがいや」(中1)など、子どもにも同調圧力がかかっているようだ。

一方、「受けたくない」と回答した人からは、「副反応が怖い」(高2)、「長期的な身体への影響が予測できない」(中2)などの声があった。

保護者の子どものワクチンに対する考え(出所:国立成育医療研究センター)

保護者は子どもワクチン接種をどのように考えているのだろうか。ゼロ歳から高校生までの子どもを持つ5753人のうち78%が、「とても受けさせたい」「どちらかという受けさせたい」と回答。

「進学に当たりワクチン接種していないことで不利益が生じる懸念がある」(高3保護者)などの配慮からか、中学生保護者60%、高校生保護者68%が「とても受けさせたい」と答えた。

日本では新型コロナワクチンの無料接種の対象となっているのは12歳以上。米製薬大手ファイザーが、11月10日、接種対象年齢の5~11歳への拡大を厚生労働省に申請した。米国では既に、5~11歳へのワクチン接種が認められている。

(匿名希望)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)