fc2ブログ

YouTubeの低評価数が非表示に。一体何が起こっているのか。

YouTubeが、動画の低評価数を表示しないことを決めたようだ。

というのも、YouTubeでは、チャンネルが小規模であったり、駆け出しのクリエイターが動画に低評価を押されまくる「低評価攻撃」を受けるという報告があったようだ。
YouTubeによると、2021年3月からの調査で、低評価数を非表示にすると、低評価が押されにくくなることが分かっている。

今後、低評価数の表示機能は無くなるが、低評価ボタンを押すことはできるようだ。また、動画を見る側は低評価数が分からないが、クリエイター側はYouTube Studioで低評価数を確認することができる。また、視聴者にとっては、動画に低評価を押すことで該当動画や同傾向の動画がおすすめに上がって来なくなる

YouTube側は、この件について、「低評価攻撃」の対策であることを示唆しているが、本当のところはどうなのだろう。

動画の内容にも依るが、以前「反ワクチン」のコンテンツを削除すると発表したこともあり、ある種の言論統制に差し掛かってきているのでは?と思う。
また、小規模のチャンネルや駆け出しのクリエイターが被害を受けている「低評価攻撃」の対策とYouTube側は示唆しているが、上記のようなクリエイターの動画には広告がつかない。つまり、運営側であるYouTubeにはお金が入って来ない仕組みとなっている。
であるとすれば、より広告の付く動画を視聴者が見るような仕組みにしたいのでは?という思惑もちらつく。

現時点では何とい思言えないが、今後もネットメディアであるYouTubeの動向は探っていく必要がありそうだ。

リンク

(山口拓巳)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)