fc2ブログ

京王線事件は不審点が多くヤラセの疑いが濃厚

2021年10月31日(日)午後8時前、京王線の車内で男が刃物を振り回し車内に放火、負傷者も出る事件が発生。これには不審な点が多い。

・事件に遭遇した人たちのツイートがない。
・午後8時の混み合う時間帯なのに、乗客の大半が若者。
・女性たちのほとんどがスカートではなくパンツ姿。
・被害者がいるにもかかわらず、救護している映像がない等々。
・映像を見ていると、車両内が激しく燃え上がる直前に、なぜかその場で待機していたと思しき一人の乗客が何かを放り投げている。リンク
・乗客が刺されているのに犯人は返り血を浴びてない。
・乗客がドアを開けてと言っても運転士はドアを開けていない。リンク
・NHKのカメラマンが乗り合わせており事件を撮影できている。
・宮本晴代他クライシスアクターが乗っており笑っている者もいる。リンク
・救護の映像がない。
など。

ネットでは、この事件の目的が、駅構内に導入しようとしている顔認証システムを普及させる理由にするためではとの説も出ている。

ヤラセだとして、その目的はまだ不明だが、何者かによる自作自演の色彩が強いと考えられる。

以下、笹原シュン氏のブログリンクより引用。

-------

◆京王線事件は不審な点だらけ?

(中略)

1.マスコミの到着が早すぎる
 この事件は、発生直後に、NHKにおいて第一報が流されました。

 その時点ですでに、発生直後の車内の様子をカメラがとらえているのがわかります。(中略)

 明らかに、逃げてくる乗客をばっちりとらえられる車両の中央に固定されて、撮影されているように思います。


2.乗り合わせた乗客のSNSへの投稿がない
 NHKが第一報を流すまで、不思議なことに、SNSにおいて、この事件についての投稿が一つもありませんでした。

 現代では、ほとんどの人がスマホを持っており、SNSに自由に投稿することができます。どこかで地震が起きると、その瞬間「地震だ」という投稿が駆け巡り、テレビの地震速報が出た時には、もう日本中の人がすでに地震の発生を知っている状態です。(中略)

しかし、乗り合わせた乗客からのSNSへの投稿は一軒もなく、ひとびとはNHKのニュース速報で初めて事件を知ったのです。(中略)


3.駅に停車後、扉が開かない
 事件発生後、電車は最寄りの国領駅に緊急停車しました。

 停車後、なんと電車のドアと駅のホームドアが開かず、乗客は車内に閉じ込められた状態になりました。

 結局ドアが開くことはなく、乗客は窓から脱出していますね。

これは通常ではまずありえないことです。車内で火災が起きた時などは、最寄り駅に緊急停止し、車掌がドアを開けて、乗客を非難させるのは、すでにマニュアル化されているはずです。(中略)

おそらく、事件を長引かせ、警察の到着を待ち、乗客の脱出シーンと犯人逮捕シーンを撮りたかったのではないでしょうか?

 上の画像を見ていただければわかりますが、女性の乗客が全員パンツをはいていますね。スカートをはいた女性の乗客は一人もいません。まるで、こうなることを全員知っていたかのようです。(中略)

4.返り血がない
 この直後、事件発生から5分もしないうちに国領駅のホームに警官隊が到着し、車内に突入、犯人の服部恭太容疑者(24)の身柄を確保します。そのシーンもしっかりとホームにいたカメラマンによって撮影されています。

 警官が犯人のボディチェックを行っています。さて何かおかしいと思いませんか?

 犯人は、何十人もの乗客をナイフで刺した直後のはずです。しかし服装が乱れた様子はありません。しかも、犯人の服には全く血がついていないのがわかります。(中略)

この犯人は本当にナイフで乗客を刺したのでしょうか?


5.クライシスアクターの存在
 極めつけの写真はこれです。海外のメディアが、事件発生中の車内を映したものです。

一番左の女性にご注目ください。この女性はSNSでは有名な、宮本晴代という女性です。
(中略)

◆京王線事件はやらせだった
 こうしてみると、この事件全体が、事前に仕組まれ、多数の俳優を雇って作られた、偽の事件であるということがわかります。(中略)

1.衆院選の投票率対策
 事件当日、10月31日は、ご存じの通り、衆議院議員総選挙の投票日でした。

 今回の選挙は、不正選挙の温床となっていた自動集計マシン「ムサシ」の不正使用が封じられ、ネット民を中心に投票への意欲が高まり、投票率の上昇が見込まれていました。

 これはDSにとっては、避けるべき状況でした。既得権益を持っている人々は、現状を維持することを望んでいるので、投票率は低ければ低いほどいいのです。

 投票開始後すぐに、マスコミは戦後3番目に低い投票率になると報道しました。なんでこんな時間にわかるんだということですが、投票に行こうとしている人がこれを見て、行く気をなくすだろうという作戦です。

 また経費削減のためと称して、実に3分の1の投票所を閉鎖し、コロナ対策と称して多くの投票所の投票時間を短縮しました。

 そして、投票終了間近の8時少し前にこの事件を起こし、最後の投票者の足を止め、開票作業の進行から目を離したすきに、票数を書き換えてしまえ、という作戦だったようです。


2.公共交通機関における規制の強化
 この事件にはもう一つ大きな目的があります。どちらかというとこちらがメインで、投票関連はついでといった感じでしょう。

 それは、公共交通機関の利用に際しての規制を強化するという目的です。

 実際事件翌日から、国交省が電車における警戒強化を要請し、マスコミは、電車における安全確保を叫び始めています。

 まずは列車に警備員を載せて警戒するところから始めるようです。

 その後、列車に乗る際に手荷物検査をしろとか、列車内に監視カメラをつけろ、という話にもっていくでしょう。すでにマスコミはこれらの意見を報道し始めています。

 最終的には自動改札に顔認証装置をつけ、電車を利用する人々の動きをすべて把握し、国民の行動を管理する、というところまでもっていこうとしているようです。

(後略)

(柘植行人)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)