fc2ブログ

最大支持基盤を経団連(大企業)の別同部隊⇒連合に置くかぎり、立民党は浮かばれない。

・衆院選は立憲民主党が大敗した。東日本大震災時に福島原発の水素爆発を目前にして、直ちに危険ではないと叫ぶ枝野官房長官の映像が目に浮かぶ。民主党政権の悪夢と揶揄される福島原発事故時の対処は、消し去ることができない記憶だ。そして菅に代わる野田政権は、消費税を10%まで段階的に引き上げる国際公約までして仕舞う。かつ老獪な自民党の罠に嵌って解散したものの、大敗してすぐ仲間割れする。民主党政権時の瑣末さは、そう簡単に国民の記憶から消し去ることはできない。

・敗北の分析は国際情勢や内外の意識潮流のうねりなど多岐にわたる。然し、立民党が決してこれからも自民党に勝てない根拠は、その最大支持基盤を「連合」に置いていることではなかろうか。日本人には馴染みやすい二大政党の最大野党として安住し、禄を食む以外の政治路線は無い。連合は大企業労組そのものであり、自民党に献金する大企業/経団連の別働部隊である。大企業の別働組織の連合と離別し、新たな大衆基盤を組織する以外に勝ち目はない。
・その様な視点からは、大阪維新は政治家の特権剥奪、たとえば議員歳費の大幅引き下げや定数削減など、そしてベーシックインカム制度の導入を政策にあげている。保守とか革新の色分けではない。構造的な利権や既得権と闘う、庶民が納得する独自の政治姿勢と具体的な路線提案が政権奪取の入り口ではなかろうか。

(持国天)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)