fc2ブログ

囮を目立たせて本丸を隠す~常態化するスピン報道

囮を目立たせて本丸を隠す~常態化するスピン報道

予てから、北朝鮮のミサイルと選挙、海外でも近年のボストンやフランスの事件などは、例えば人々の目を不正選挙から逸らす目的で、作為的に大きく取り上げて世論操作を行う事例が目立ちます。

そこでは、クライシスアクターと呼ばれる人々の存在も取り上げられ、別の事件や報道に同じ人物が様々な役割で登場していることから、事件そのものが作られたものである可能性もあります。

先日の京王線の事件も、ネットでは、乗客の不思議な動き、爆発や刃物をもった犯人がありながらも冷静に撮られた映像。コロナの報道等でも活躍していた368446のクライシスアクターの映り込みなど、事件や報道に疑義が呈されています。

何が本当なのか、目立つ報道と同時に何が起こっているか。大手のメディアにせよネットの情報にせよ、我々皆に、複眼的に広く状況を捉える力、それらの動きを構造化して読み解く力がこれまで以上に求められているのを感じます。

シャンティ・フーラの時事ブログ『【京王線刺傷事件】憲法改正を発議し、国民投票を実施するために不正選挙を行い、そこから目線を逸らせるための「スピン報道」』よりリンク
────────────────────────────────
竹下雅敏氏からの情報です。
 衆院選に合わせてピッタリとコロナちゃんはいなくなるし、北朝鮮はロケットを飛ばすという事で、”どこまで日本人がアホなのかを試しているのかな?”と思っていましたが、選挙当日にこの「京王線刺傷事件」ですから、毎度おなじみの事件だということで、何の関心も持っていなかったわけですが、ツイートからクライシスアクターの晴代ちゃんが出演しているというので、どれどれと見たところ確かに晴代ちゃんだ。
 「一般人のツイートが全く無いのにNHKが第一報を流すという典型的な事件」です。「炎も撮影なので、映画用の鮮やかで派手な炎の爆発をさせてますね。適当に灯油ばらまいて火を付けただけならば、あのような鮮やかな爆発はしません」という意見は納得。
 憲法改正を発議し、国民投票を実施するために不正選挙を行い、そこから目線を逸らせるための「スピン報道」でしょうね。日本維新の会の松井一郎代表は、「国会で来夏の参院選までに憲法改正原案をまとめて改正を発議し、国民投票を参院選の投票と同じ日に実施するべきだ」と言っています。
 憲法が改正され、「緊急事態条項」が創設されると、「緊急事態宣言中…内閣独裁という体制が出来上がります。これは、緊急事態条項というより、内閣独裁権条項と呼ぶべきでしょう」という事態になり、例えば、ワクチン強制接種も可能になる。
 ファシズムへと王手のかかった状況なのだが、何も考えない日本人は、日本がオーストラリアやニュージーランドのような状況になる事すら想像しないらしい。どこまで行きますかね。
(竹下雅敏)
────────────────────────────────

(加賀正一)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)