fc2ブログ

強まる管理・監視体制-ロシアで顔認証決済システムが導入

一体、どこまで管理・監視体制が広がっていくのだろうか。

ロシアの首都・モスクワの地下鉄で、顔認証決済システムが導入されたという。つまり、カメラを見るだけで地下鉄の乗車料金が支払えるわけだ。

当局は、このシステムを導入したのは世界初だとアピールする一方、政府が監視ツールとして顔認識カメラを利用するのでは?という懐疑の声も上がっているという。

この顔認識決済システム、利用するにはモスクワ地下鉄のアプリに顔写真と銀行のカード情報などを登録する必要がある。
顔だけではなく、名前や記入情報まで抑えられるのが事実。

また、この顔認証決済システムは、何にも触れることがないという点から、コロナウイルス感染拡大の防止策にもなる、という主張も当局が行っているようだ。

しかし、一般市民は黙っていない。
既にモスクワには、事件の容疑者特定のためという名目で、約17万台のカメラを用いて監視ネットワークを展開しているが、そういった監視体制が今後も広がっていく恐れがある。

こうしたテクノロジーの発展により、人々の生活がより便利になる中で、管理・監視されやすくなっている事実があることを忘れてはいけない。

リンク

(山口拓巳)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)