fc2ブログ

地に堕ちるインターネット

先日、YouTubeが反ワクチンのコンテンツを規制し始めた。

これまでは、「新型コロナウイルス、ワクチンに関する誤情報の規制」であったが、今後(現時点で既に)ワクチンに反対する内容であるだけで、規制の対象となる。

おそらく、YouTubeなどの動画コンテンツだけでなく、FacebookやTwitter、Instagramなど、その他SNSへのけん制ともみられるため、今後同様の動きは広がっていくだろう。

一方、Googleでも、似たような現象が起こっているという。
というのも、7月のコアアップデート(検索エンジンのアルゴリズム更新)の際に、政府・公的機関系のHPの表示順位に変化が見られたことが明らかになっている。
権威性の比重が検索結果において大きくなった可能性が高いとされているが、上記のYouTubeの規制とどこか関連性があるように思う。

特にGoogleにとって、検索エンジンは使われてナンボ。広告収入が大半を占める以上、検索エンジンが使われないことは、Googleにとっては大きな痛手となる。そのため、検索結果に大々的にフィルターをかければ「調べものが出てこない検索エンジン」となり、使用頻度が激減する。
大々的に、できないからこその、施策であるように思うし、規制が入り始めたインターネットなど、マスコミと同様に地に堕ちたようなものである。

引用
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000135.000019378.html

(山口拓巳)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)