fc2ブログ

ワクチンパスポートは馬鹿馬鹿しいただの紙切れ

日本では、海外渡航で必要な人が申請すると、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)が交付される。ちょっと考えれば分かるように、ワクチンが感染の拡大を防ぐわけではないし、抗体がなくなれば、実質なんの証明にもならない。

せめて国内での活動に、ワクチンパスポートで制限を掛ける様な愚行には何とか踏みとどまって欲しい。

アメリカでは医師が自身で抗体を調べ、検出されなくてもパスポートでNYを自由に行動できる事を示し、紙切れが社会を分断する事に警鐘を鳴らしている。

シャンティ・フーラの時事ブログ『接種後の抗体が検出されない「ワクチンパスポートは馬鹿馬鹿しいただの紙切れ」/ ロシアでは市民がワクチンパスポートを3週間で廃止させた』よりリンク https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=288037

────────────────────────────────
ワクチンパスポートについて興味深い情報がありました。3月にJ&Jのワクチンを打った病理医のドクターが、CDCの要請に反して自身の抗体を調べてみると、確かに接種直後にあるべき抗体は確認できました。ところが数ヶ月後に再検査したところ、抗体は検出されなかったそうです。このドクターはワクチンパスポートを取得しており、NYで自由に行動ができるわけですが、事実上、抗体による免疫は証明できないとご自身で述べています。「私が言いたいのは、パスポートは馬鹿馬鹿しいただの紙切れだということです。」その紙切れが社会を分断します。ファウチは、接種後の抗体検査に絶対反対の立場です。
 ロシアでは、一旦実施したワクチンパスポートを3週間で廃止に追いやったそうです。「どうやった?」ワクチン接種を受けた人も受けていない人も市民が一致団結して、パスポートが必要な店舗やサービスを拒否したのだとか。商売あがったりに根をあげた経営者達がパスポート・システムの廃止を行政に働きかけたそうです。これはロシアの人々の意識が高いということでしょうか。逆に、接種した人が「道連れ」のためにパスポート不要の店舗を迫害する、なんて国は、、、まさか無いでしょうね。
(まのじ)


配信元) Twitter

「パスポートの有無が社会を分断する」リンク https://twitter.com/purplep76858690/status/1432368849400188932?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1432368849400188932%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fshanti-phula.net%2Fja%2Fsocial%2Fblog%2F%3Fp%3D288037
リンク https://www.msnbc.com/andrea-mitchell-reports/watch/full-fauci-interview-on-covid-booster-shots-let-s-get-ahead-of-the-curve-119050309539


たった3週間で廃止リンク https://twitter.com/tasan_121/status/1432871386754605061?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1432871386754605061%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fshanti-phula.net%2Fja%2Fsocial%2Fblog%2F%3Fp%3D288037

モスクワでワクチンパスポートを提示しなければ飲食店や様々なサービスを受けられない状態となりました。

そこで市民たちは、ワクチン接種を受けた人も受けていない人も一致団結し、パスポートが必要な店舗やサービスの利用をやめたそうです。
リンク http://rapt-plusalpha.com/international/post-19451/

(後略)
────────────────────────────────




加賀正一
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)