fc2ブログ

ねじ曲げられたタリバンの印象とCIAを使ったおぞましいディープステート

リンク https://ameblo.jp/ba5603/entry-12693339748.html
より以下引用
↓↓↓
--------------------------------------------------------------

もしあなたが未だにアフガニスタンのタリバンが政権を握った事を、危険な事だと信じていたなら、世界の大手マスコミや日本の有名な保守派解説者の何も分からない人達に騙されているのでしょう。

CIAはイラク、シリアなどの中東やアフリカや中南米での利権を欲しいままにする為に、テロ組織を作り、傀儡政権を操り工作活動を行って来ました。

タリバンはやむ終えずアフガニスタンの麻薬ビジネスをCIA相手にして来ましたが、彼らは決して贅沢はしない。

巨額の金を得たとしても昔と変わらない格好をしています。


タリバンは本当に女性の人権を無視してアフガニスタンでめちゃくちゃな事をしていると思いますか?

オバマ大統領も演説一つだけで受賞したノーベル平和賞はディープステートが贈る賞であり、タリバンから45口径の弾丸を頭に受けて奇跡的に復活?

『銃の専門家なら45口径を頭に直撃すると頭がバラバラに吹っ飛んでしまうのは常識グラサン』つまりウソ!

それで持って国連に女性弾圧への作られたスピーチをして2014年のノーベル平和賞受賞のマララ・ユフスザイちゃんを覚えてますか?

ディープステートは報道を通して手の混んだプロバガンダ活動をしているのです。

他の小さな国で真に国民のことを考えて政治をしていて暗殺された大統領はかなり存在しています。

コロナパンデミックのでたらめを暴いて暗殺されたアフリカの大統領だとか、14年間もの長期政権でボリビアの国民に善政を引き、大人気だったモラレス大統領が、突然CIAに不正選挙をしたとでっち上げられて

メキシコに亡命せざるをえなかった例もあります。

我々も日本に住んでいてさえ、総理とはどういう人間で自民党とは何か?
野党の本当の正体すら掴みにくいのが実際です!

ましてや行った事も見た事もない国の真相など、コロリと報道で騙されてしまうのは当たり前だと思った方が良いでしょう!

それは反共産党へのプロバガンダ報道を続ける法輪功の大紀元エポックタイムズも手前味噌の報道をしている事に気づく事も大切な事だと思います!




三上公平
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)