fc2ブログ

「東京五輪のコストはユーロ2020の250倍」なぜ日本人はIOCのぼったくりを許すのか

「気が遠くなるほど退屈な儀式」「たまらなく不快だった」

コロナ危機が収束の兆しを見せない中、始まった東京五輪。アメリカで7月23日の開会式をテレビで視聴した人は過去33年で最低を記録し、イギリスでもロンドン五輪の開会式に比べ視聴者数は9割超も減った。異常な状況下で日本に開催を強要した国際オリンピック委員会(IOC)の傲慢さは、限界に達した「スポーツの祭典」の矛盾をさらけだした。

モーガン氏はさらにこう指摘している。

「世論調査で五輪開催を望まない日本人が7割にものぼり、政治指導者はコロナ危機から国民の命を守るより商業的な利益を優先させたと国民は信じている」

一方で、普段は日本に対して辛辣な英メディアの多くは、開会式について同情的に伝えた。

「開会式の役割がその瞬間の精神を反映することにあるのなら、それは成功だったと言えるだろう。それなりに開会式はかなり美しかった。喪失……、私たちが暮らす(コロナ危機という)時代を反映していた」(英紙デイリー・テレグラフ)

「開会式は優雅さ、シンプルさ、正確さを表現することに成功した。それらは世界が日本の中に見いだし、そして日本人が誇りに思っている資質だからだ。東京には2008年北京五輪の攻撃的なナショナリズムや12年ロンドン五輪の生意気な賢さはなかった」(英紙タイムズ)

「パンデミックの苦難から目をそらさず、喪失と悲しみをテーマにした瞑想的なセレモニーだった。ジル・バイデン米大統領夫人やエマニュエル・マクロン仏大統領ら約1000人の観客を除く空っぽの観客席は強力な象徴になっていた」(英紙ガーディアン)

欧州連合(EU)離脱で地理的に最も近い友人を失い、先の大戦以来続くアメリカとの「特別な関係」を再構築する一方で、中国への対抗勢力として日本との連携を強化したいイギリスの外交的な思惑がにじむものの、英メディアの評価は予想以上に高かった。

放映権料は右肩上がりなのに、開会式の視聴者数は33年ぶり最低
こうした評価はやはり「同情」だろう。

エリザベス英女王が人気スパイ「007」のジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)のエスコートでヘリコプターから落下傘で飛び降りる演出があったロンドン五輪の開会式に比べると、喪に服した格好の東京五輪の開会式はサプライズに欠けた。

日本人にとって開会式最大の見せ場は東京五輪大会名誉総裁の天皇陛下が開会宣言で「私は、ここに、第32回近代オリンピアードを記念する、東京大会の開会を宣言します」と「祝い」の言葉を「記念する」に変更したことだった。

ニールセンや米NBCユニーバーサルによると、アメリカで東京五輪開会式を視聴した人は過去33年間で最低の1670万人にとどまった。ロンドン五輪より59%減、前回のリオ・デジャネイロ五輪より37%も減少した。しかし、下の図表をご覧いただくと分かるように五輪全体の放送権料は右肩上がりに増え続けている。

テレビ視聴者が減ったとは言っても、ネットやスマホの普及により、NBCが設けたプラットフォーム経由のストリーミング視聴者は1700万人にのぼり、リオ五輪より72%増、18年の平昌冬季五輪より76%も増えた。

イギリスにおける視聴者数もロンドン五輪の開会式では2690万人を記録し、世界中が注目した前年のウィリアム王子とキャサリン妃のロイヤルウェディングを上回った。当時、IOCの担当者は「ロンドン五輪は真に五輪放送の新しい時代を告げるものだ」と胸を張った。

しかし、深夜に放送が始まったリオ五輪開会式の視聴者は380万人まで減り、東京五輪の開会式はそれを下回る230万人にとどまった。

EUROの開催コストが東京五輪の250分の1だった理由
コロナ危機で東京五輪と同じように1年延期して開催されたサッカーのUEFA欧州選手権(EURO2020)はイングランドが主要大会で55年ぶりの決勝に進出したため、イギリスでは最大1834万人がテレビで視聴した。イギリスでは国民の大半が楽しみにしているスポーツ大会は有料チャンネルではなく無料の英BBC放送などで放送するよう法律で定められている。

EURO2020と東京五輪の違いをマセソン教授はこう指摘する。

「最大の違いは大会開催コストだ。UEFA(欧州サッカー連盟)は数年前、EUROを欧州大陸全体のイベントにして、個々の都市がいくつかの試合を招致できるように決定した。過去の大会は1つの国か、2つの国で行われてきたため、多くの国が大会開催のため新しいスタジアムを建設し、インフラを整備する必要があった」
「1つか2つのワールドクラスのスタジアムがあっても、8つも10もない国もある。しかし今回から分散開催になり、10カ国11都市が試合を招致できた。それぞれの国はワールドクラスのスタジアムを少なくとも1つぐらいは持っており、新しいインフラは必要なかった。コストは東京五輪の250分の1である約1億ドル(約110億円)に収まったはずだ」

五輪は“高嶺(高値)の花”になりつつある
ナチスドイツはその力を国内外に誇示するため、それまでの五輪の10倍の費用をかけて1936年ベルリン五輪を開催した。それ以降、今日に至るまで五輪の開催費用は膨張し続けており、IOCはすでに五輪の開催都市を見つけるのに苦労している。今回のコロナ危機は五輪開催には経済的コストだけでなく、健康的リスク、政治的リスクを伴うことも浮き彫りにした。

五輪の開催コストがこのまま高騰を続けると、手を挙げる都市が出てこなくなる恐れがある。そして公共放送も巨額の放送権料を支払えなくなるだろう。
リンク https://president.jp/articles/-/48353?page=4 より



匿名希望
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)