fc2ブログ

ポルトガル政府がCOVID-19の死亡統計を捏造との判決

COVID-19の実態。これが事実なら、死亡者まで出ているワクチンを打つ必要はない。
////////////////////////////////////////////////////////////////
Total News Worldより引用

ポルトガル政府がCOVID-19の死亡統計を捏造との判決/裁判所:「政府発表は17,000件のところ、実際のCOVID死亡者は0.9%の152件/PCR検査の97%は偽陽性」(リンク http://totalnewsjp.com/2021/06/29/covid19-79/)

リスボン裁判所、COVIDで死亡した「検証済みのケース」は0.9%のみで、その数は152件、主張されている17,000件ではないと判断

2021年6月28日

リスボン裁判所の判決によると、COVIDで死亡した「確認された症例」は0.9%の152件のみで、政府が主張した17,000件ではないという。この判決により、政府がCOVID-19の死亡統計を捏造していたことが証明された。

リスボンの裁判所は、市民の申し立てを受けて、検証済みのCOVID-19による死亡率データを提供することを余儀なくされた。

判決によると、2020年1月から2021年4月までに確認されたCOVID-19による死亡者数は、政府省庁が主張する約17,000人ではなく、わずか152人であることがわかった。

「その他」の人たちは、PCR検査が陽性であったが、死因は別の理由

このデータは、ポルトガルで唯一の死亡証明書情報システム(Sistema de Informação dos Certificados de Óbito – SICO)のものである。

「法務省の監督下で発行された152枚の死亡証明書」というのは、偽物です。死亡証明書を発行する唯一の機関である法務省の監督下で、すべての死亡証明書が発行されているからだ。

昨年、ポルトガルの控訴裁判所は、PCR検査の信頼性は低く、PCR検査のみに基づいて人々を隔離することは違法であるとの判決を下した。

裁判所は、PCR検査の信頼性は、使用したサイクル数と現在のウイルス量に依存すると述べています。Jaafarらの2020年を引用して、裁判所は次のように結論づけている。

“35サイクル以上の閾値を使用したときにPCR検査で陽性と判定された人がいた場合(欧米のほとんどの検査機関でのルール)、当該人が感染している確率は3%未満であり、当該結果が偽陽性である確率は97%である。” としている。

ドイツでは、訴訟問題で弁護士グループが入手した広範な電子メールのやりとりによると、ドイツ内務省が科学者を雇って、厳格な監禁を正当化するために偽のコロナウイルスモデルを開発させたことが明らかになっている。



匿名希望
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)