fc2ブログ

スキャンダルまみれの菅政権の支持率が9ポイントも急上昇?:親・自民党の読売の世論調査は忖度し過ぎ!

新ベンチャー革命2021年3月9日 No.2744より引用リンク


1.親・自民党で有名な読売新聞の世論調査にて、菅内閣支持率が9ポイントも跳ね上がったとは仰天!

 直近の読売新聞世論調査によれば、菅政権の内閣支持率が前回に比べて9ポイントも急上昇し、なんと48%となったそうです(注1)。こんな政権を支持できる国民のカオが見てみたいほどです。

 ネットでは、このようなチンケな結果に驚きの声が上がっています。

 筆者個人の見方では、今の菅政権は、総務省関連の贈収賄事件にて国会で追及され、苦境に陥っています。にもかかわらず、9ポイントも支持率が上昇するとは、ちょっと理解し難い結果です。

 その読売は、菅政権による首都圏の緊急事態宣言の延長が世論に評価されていることを示しかったようですが、それにしても、読売の露骨な自民ヨイショはもう、許容限度を越えています。


2.菅内閣の支持率は、直近のネット投票ではわずか1%しかない

 ところで、本ブログでは、読売に限らず、日本の大手マスコミの世論調査をまったく、信用していませんが、ネット投票による直近の菅内閣支持率は最低であり、わずか1%足らずです(注2)。

 ネット投票では、菅自民党に批判的なネット住民がもっぱら、投票していますから、ほとんどの投票者は反自民であり、反・菅内閣なのでしょう。

 この結果と、上記、読売の世論調査のあまりの食い違いに、もう、声も出ません。


3.読売に限らず、大手マスコミの世論調査は、恣意的に行われている可能性が大

 読売を筆頭に、大手マスコミの世論調査は固定電話経由での回答形式となっていますが、恣意的に行われている可能性が大です。

 その証拠に、読売と同様、自民党寄りのフジ産経グループが、自社の世論調査で捏造していた事実がばれたことは有名な話です(注3)。

 このことから、自民党にベッタリの、読売・産経・NHKの世論調査はもう、まったく信用できません。


3.自民党寄りマスコミの世論調査の恣意的操作・かさ上げの手口とは

 さて、ネットには、自民党寄りの大手マスコミの世論調査の恣意的操作・かさ上げの手口の一端が暴露されています。

 彼らの手口はズバリ、コレです、すなわち、固定電話に出た国民が自民党支持者でないとわかった場合は、調査の母集団から削除するという、極めて露骨な改ざん操作なのです。その驚愕の事実を経験者がネットで暴露しています(注4)。

 大手マスコミの世論調査はいまだに、固定電話経由の聞き取り形式ですが、いまどき、平日昼間に固定電話に出る人の多くは保守的な高齢者でしょう。

 さらに、自民党不支持者とわかった回答者は、一定の基準で調査対象から除外するわけですから、調査の数字はいかようにも操作できるのです。


4.今回、読売が菅政権支持率のかさ上げをやったとすれば、首都圏の緊急事態宣言延長を国民が支持していることを恣意的に反映させたに過ぎない

 多くの国民は、東京オリンピックよりコロナ対策最優先を願っており、菅政権による首都圏の緊急事態宣言の再延長に当然ながら賛成しています(注5)。

 そこで、読売は、この結果を逆手に取って、菅内閣の支持率を恣意的にかさ上げ操作したと疑われます。

 しかしながら、多くの国民は、菅政権が緊急事態宣言を再延長したことは、当然と思っているに過ぎず、だからと言って、菅政権を支持しているわけではないのです。

 だからこそ、多くのまともな国民は、スキャンダルまみれの菅政権の内閣支持率が9ポイントも急上昇したという読売の世論調査に強い違和感を覚えるのです。

 読売はこれでまたも、国民からの信用を落としました。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)