fc2ブログ

PCR検査とは何か?発明者が「PCRでは、感染症の検査は出来ない」と言っている

以下、リンクより引用

■PCR検査発明者自身が言う「これは感染病診断には使うな」

コロナ・検査として行われているPCR検査ですが、これはデタラメだということがわかっています。
ある研究によれば、この検査での偽陽性率は80%、つまり、何の病気でも無い人がこの検査を受けると5人に4人はコロナ陽性になります。

(中略)

さて、そもそもこのPCR検査の発明者はキャリー・マリスという人で、惜しくも昨年、2019年に亡くなっているんです。Wikipediaにも説明されていますから、見てください。

(中略)

で、「これは感染症診断には使えない!」の部分ですが、具体的にどう言っているのでしょうか?

ドキュメンタリー作家のMichael Mendizzaという方がこれを説明しています。

Why The Coronavirus Will Soon Vanish Overnight
検査の科学

(中略)

ドクター・キャリー・モリスはHIV検出のためにPCRを発明したのだが、その制限を説明している。PCRを特にHIVあるいは他の病気の診断に用いてはならないことをだ。

「定量的PCRという名前は矛盾しています。PCRの意図としては、物質を定質的に特定することです。まさにその本質から、数字を見積もるのには適していません。
ウイルス量テストによって血液中のウイルスの数がわかるなどという、よくある誤印象があるのですが、これらのテストでは、全く自由な感染性ウイルスの検出はできないのです。
これは検出できるのは、単にHIVに特有のタンパク質です。しかし、いくつかのケースでは誤っています。このテストはウイルスの遺伝子配列を検出するものであって、ウイルスそのものではないのです。」

ウイルスを特定できないって?では、どうやってこれらの人々が同じ病気だとわかるんだろうか?さらに同じ新種の病気とだ。

この意味としては、これらの人々はコロナ識別のためにPCR検査を受けたことになっているのだが、しかし未だに決定的な証拠は無いのである。彼らはコロナウイルスなど全くもっていない可能性もあるのだ。同じウイルスかは言うに及ばず。発明者の第一のテストによればだ。

(中略)

■コロナ検査のエラー率は80%
一つの研究があります。これはその後撤回されたのですが、人々が検査しなくなるからだと思いますがね。

ともあれ、彼らは見積もりを行いました、何かしらの数学的計算ですが、しかし、これを決定した主な方法としては、人々に検査を行い、その後二週間追跡するのです。そして、病気になるかを見るわけです。陰性だった人が病気になるか?陽性だった人では?と。

彼らが発見したことは、80%の偽陽性率です。言い換えれば、検査で陽性になった5人のうち4人は、実際には全く病気ではなかったんです。そもそも病気ではなかったんですから。これは大多数ですよね。

ですから、偽陽性率が5%未満であれば、良い検査と言えます、非常に良好ですよね。100人のうち5人は、病気とされてしまうんですがね。特にこういった深刻な病気の場合には、それと共に生きていかねばなりません。理想的ではありません。理想的には1%未満でしょうね。

しかし、80%というのは、あまりに不正確です。何も測定していないのと一緒ですよ。

この検査でFDA承認をとろうとすれば、たとえFDAが腐敗していようが、笑い飛ばされ、ビルから追い出されるでしょうね。

和三盆
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)