fc2ブログ

コロナ禍と日本人の管理されたい病

以下リンク
やはり我々には、「お上に従う」ということが骨の髄まで染み込んでいるのか。

 先日NHKの世論調査で、新型コロナなどの感染症の拡大を防ぐため、「政府や自治体が外出を禁止したり、休業を強制したりできるようにする法律の改正が必要だ」と考えている人が、62%もいることがわかった。

ちなみに、「必要ではない」と答えた人は27%ということなので、ダブルスコア以上で、「お上にたてつく不届きものはお仕置きすべき」と考える人が多いということだ。

 ちょっと前まで、メディアや専門家は「欧米のような強制的なロックダウンがないのに、日本人は自主的にルールを守って素晴らしい」などということを、盛んにふれ回っていた。それは日本政府も同様で、麻生太郎副総理も「コロナ死者の多い国から『何か特別な治療薬でもあるのか』という問い合わせがあると、『おたくとうちの国とは、国民の民度のレベルが違うんだ』と答えて、相手を絶句させた」とドヤ顔で語っている。

 しかし、当の国民はそういう認識ではなかったということだ。

「自粛ムードの最中に飲み歩く、タレントの手越裕也さんのような人間をもっと取り締まれ」「休業要請に従わないパチンコ屋は罰せられるべきだ」といったことを考える人が、大多数を占めている。

 要するに、「民度が高い」「世界一規律正しい」などとおだてられたい日本人よりも、「厳しい法律でもっとカチカチに我々の自由を制約してちょうだい」という、かなりマゾヒスティックな願望を抱く日本人の方が、一般的ということなのだ。

「そんなバカな」と驚く人も多いだろうが、実はこのような日本人の「管理されたい病」は今に始まったことではない。

2013年、キーマンズネットがビジネスパーソン585人を対象に、プロジェクトを実行する際に「管理する側」と「管理される側」のどちらがいいかと質問をしたところ、「管理される側」が53%と上回った。管理される方が楽だから、というのが主な理由だ。

 また、2019年にパーソル総合研究所が、日本を含むアジア太平洋地域の14の国・地域における就業実態の調査をしたところ、日本で管理職になりたい人の割合は21.4%と、14の国・地域の中でダントツに低かった。
つまり、「『上』からの命令に従っていた方がラクチンだよね」というのは極めて平均的な日本人の考え方であって、それが今回の外出禁止や休業要請というイシューでも露骨に現れている可能性が高いのだ。

社会全体に迷惑がかかると考えた時点で「管理されたい病」というと、「法整備を望んでいるのは、別に管理されたいからではない!マジメに自粛をしている人たちがいるのに、従わない連中がいると社会全体に迷惑がかかるから、抑止力を目的としているのだ!」と怒り出す方もいらっしゃるだろうが、それはそれで、かなり重度の「管理されたい病」をこじらせてしまっている可能性が高い。

 自分たちのイデオロギーに合わないものを「社会全体にとって害になる」と叩いて排除するというのは、全体主義に毒された人たちに見られる典型的な症状だからだ。

 以下中略

このように、「なんで?」「本当に?」と上が言ったからあたり前などと自分の頭で考えなくなっては、本当に終わりだ。

思考停止とならないように、何が今できるのか。考え直していく機会としたい。

ビッグチキン 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)