fc2ブログ

コロナウイルスは弱毒化するのか、強毒化するのか

変異やすいRNAウイルスの特性を持つコロナウイルス。
最近の研究では遺伝子配列を解析すると数種類のタイプや系統に分類できるらしい。
同じ系統のウイルスは"弱毒化"していくが、中国から派生し、距離とともに変異していくウイルスは"強毒化"していくのか?

以下(リンク)

新型コロナ、3種類に分類可能 東アジアや欧米など違い

世界で検出された新型コロナウイルスを遺伝子型で分類すると、中国など東アジアに多い型や、欧米で多く見つかっている型など3タイプに分けられることがわかった。ウイルスはヒトなどの細胞内で増殖しながら絶えず変異しており、タイプを追跡することで、感染経路や流行の分析、ワクチンの開発につながる可能性がある。

 独英の研究チームが昨年12月から先月までに検出された約160人分のウイルスの遺伝子を分析した。

 チームはまず、コウモリから見つかったウイルスに最も似た群をAタイプとした。中国南部の広東省の住民だけでなく、日本人や武漢市滞在歴のある米国人から見つかるなど、米国や豪州など東アジア以外でも多く見つかっているという。

 一方、Aタイプから分かれたBタイプは、武漢市を含む中国やその周辺国で多く見つかった。チームは、東アジアに多いタイプと分類。東アジアの人に広がりやすいタイプだった可能性があるという。

 さらに、Bタイプに由来するCタイプはフランスやイタリア、スウェーデン、米国、ブラジルなど欧米が中心だった。シンガポールや香港、台湾、韓国でも見つかっているが、中国本土では見つかっていないという。論文は、米科学アカデミー紀要(リンク別ウインドウで開きます)に発表された。(三上元)


(リンク)

・169もの遺伝子情報を解析
研究者らは169もの遺伝子情報の解析から、現在の新型コロナウイルスの系統をマッピング。感染源や感染の時期などをビジュアライズした。

レポートでは、動物からヒトへの感染が中国武漢での一度だけであり、あとはヒトからヒトに感染が広がったことが示されている。

そして、現在のような広がりを見せているのは、必ずしも中国渡航者からの直接的な持ち込みとは限らないという。
・単一の感染源がクラスタを形成しエリアでの感染拡大に
例えばイタリアでの感染拡大は、ローマからのものと、北イタリアのロンバルディアからのものと2系統あるようだ。そしてイタリアでの感染が元となって、メキシコ、ドイツ、ブラジル、フィンランドなどでクラスタを形成。一方、ドイツでのクラスタは中国由来の可能性が高いという。

また、急増するアメリカの感染者についてもルーツを説明してくれている。まずシアトルエリアの感染源については、中国由来の感染源が少なくとも2度持ち込んだか、一定期間未検出の状態で感染拡大したか……との2つの可能性が示されている。

一方ワシントンエリアのものは、シアトルエリアから持ち込まれてクラスタを形成。コミュニティ内で広がったようだ。


:::転載終わり:::




花くる実
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)