FC2ブログ

コロナ仕掛け人はアビガンをばらまく時期とマスコミ発信により収束時期をコントロールできるのではないか?

中国のコロナによる死亡者数推移が緩やかになったのは?(補正があったもののリンク)で探索するとアビガン、ファビピラビルにたどりつく。

〉アビガンとは? 新型コロナ治療に中国が使用へ。富士フイルム子会社が開発した抗インフルエンザ薬リンク

中国政府は3月17日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療薬として、臨床研究の結果、日本の製薬会社が開発した「アビガン」を使用すると発表した。政府の科学技術部は「できるだけ早く現場に投入したい」としている。
この「アビガン」とはどういった薬なのだろうか。

アビガンは富士フイルム傘下の「富士フイルム富山化学」が開発したインフルエンザ薬で、一般名は「ファビピラビル」。ウイルスが体内で増殖するのを抑えることで、症状を緩和することができる。
日本では、既存の他の薬が効かない、もしくは十分な効果が得られないインフルエンザが発生し、国が仕様を決めた場合に投与されることになっている。

国は新型インフルエンザの発生に備えて、アビガンを約200万人分備蓄している。

妊娠中に使用すると胎児に影響が出る可能性があるため、妊婦の使用や使用後の授乳を避けるほか、一定期間は避妊も必要となる。

その後、中国は謎のアビガン効果論文取り下げリンク
をしているが、これ以降緩やかになったとも捉えれる。

また、日本では富士フイルムによる生産増加、30ヶ国からの要請、ワクチンの手前に日本含め各国導入のための臨時試験に入っている。

〉ファビピラビル投与を行った肺炎例を中心に独立行政法人 地域医療機能推進機構 船橋中央病院 リンク

などの事例は結構ある。

一部の医療機関では投与可能なようで、
〉コロナ陽性のアイドルが症状告白 アビガン治療も開始「劇的な変化ではないけど…」リンク
などの話題も。

これら、アビガンあればコロナは治る報道と回復例がマスコミを通じて連呼されるのだろうか?

これからのことから、「いつ収束するのか?」という得体の知れない恐怖感をマスコミの過剰報道、デマでコントロールしてるわけだが、逆に仕掛け側は「収束時期をコントロールできる」、つまり、もともとアビガンで新型コロナは大丈夫と知っていた、これをばらまくタイミングや宣マスコミ報道の仕方でなんとでも収束時期をコントロールできるとわかった上とも推測できる。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)