fc2ブログ

「NYは911に匹敵する惨状」で「病院は地獄絵のよう」って本当!?

真実の情報こそが武器: NYは惨状って本当!?(リンク)より

こんにちは!
NYから発信しています♪

前回予告しました「NYは911に匹敵する惨状」で「病院は地獄絵のよう」って本当!? についてー

「もうエエ加減にセーよ!!」という位に、前代未聞の盛りすぎ話が横行し、それを日本のメディアが煽りに煽って報道しているのでー
これは「百聞は一見にしかず」と申しますので、真実追求・草の根チームNY支局からのレポート参ります

NYの最新の現状をまとめると、こんな感じ

上段の写真は、つい最近 (4月11日)のハーレムど真ん中 (125丁目)の様子。この写真を撮った友人は、ハーレムにあるホールフーズで深夜まで働いているのですが、彼いわく「平穏ないつものハーレム」との事でした

「NYのハーレム在住」と称したどこかのユーチューバーが
「ハーレムは死体がゴロゴロ」
「ホームレスが襲ってくる」
等と言ってましたが、毎日ハーレムで深夜まで仕事をする彼は、一度もそういう光景に出会った事はないそうです。

私は郊外に住んでいるのですが、仕事場はマンハッタンだったので、今も時々マンハッタンに足を運びますが、これも
「閉まっている店が多いので静か」
「人通りが少ないので、ポリスが目につく」
程度で、上の「平穏なハーレム」の街角みたい感じ。

ホームレスもたまに見ますが、大人しく道路の脇で寝てるだけで、何するでもない。
「どこが惨状で、どこが地獄絵かい!?」と突っ込みたいですねー

で、問題なのが右下の...
「地獄絵になっている(らしい)病院」
という笑うに笑えない、あまりにお粗末なマネキンが

日頃、暇をみて真実追求活動にいそしんでいた人たちが自宅待機生活を強いられたものだから、この手の告発が続々と出てきて、もう止まらない!

以下の日本語テロップ付き動画をご参照下さい↓
・市民レポーター達の逆襲 (NY/LA)(リンク)
・ニューヨークタイムズの怪しい拡散動画(リンク)

◆世界同時プロパガンダ絶賛進行中!
以下のNYのコロナ患者の救命室の画像がイタリアでも使われていたのは知っていましたが...

上の動画を見てイギリスでも同じ画像が使われていたと知って、どどーっとコケましたねー (いくら何でも手抜きだろー)

クライシス・アクター(エキストラも含め) があちこちで総動員されている模様です (日本にも確実にいると思われます)。

地球規模での同時多発パニック騒動は、まさにNWOチームだからこそ為し得る技とも言えるでしょう

◆生物兵器としての新型コロナウィルス
実は、ここが肝心というか生命に直結してくる部分なのですがー
皆さんは「バイナリー(化学・生物)兵器」という言葉を聞いたことがありますか?

これは手取り早く言うと「2つ(以上)の組み合わせで劇症化する化学・生物兵器」なのですが、前回の記事でも申し上げましたが、「5G+ウィルス 」「5G+ワクチン」「5G+ケムトレイル」というように、1つ1つは一見弱毒性もしくは影響が少ないように見えても、2つが組み合わされた時に「劇症化」して死に至ることさえある生物兵器のことです。

それも1つ1つ段階を経て進めていくので、誰も関連性に気づかないー完全犯罪にピッタリの兵器です。

一見、弱毒性のコロナウィルス(通常の風邪で済む)が、ある時いきなり大暴れするーというのは「バイナリー兵器」として見ると、かなり辻褄が合ってきます。

確かに「コロナのヤラセ報道」が全世界で展開されている一方で、本当に重症化してERに運ばれて亡くなっている人たちが少なからずいるーというのは確かなようです。

それで色々話を聞くと、どうやら「地域限定」らしい。
ちなみに彼が掛けもっている病院は、マンハッタンのハドソン川を隔てて向こう岸にあるニュージャージー州にあります。同じニュージャージー州でも、ほとんど影響を受けていない地域もあります(むしろそっちの方が多い)。

実際、コロナ罹患率および重症化率が高い場所は、ことごとく事前に5Gが導入されていた事が判明しています。その辺を秀逸にまとめて下さってるのが、こちらの記事↓
「コロナ発生国と5G展開国が一致!「専門家らの警告より1万倍も高い基準値」の5Gは実は殺戮兵器!!」(リンク)

マンハッタンにも(私が知る限り)1箇所、本物のコロナ重症患者が運ばれる病院があるらしいですが、やはり場所が限定されている (ドイツにいる友人も同じような事を言っていました) ので、何か「人体実験」のような事が行われているのでは(新薬を本格導入する前に「治験」を行なうように)ーという憶測が私たちの間で流れています。

とにかく「5Gタワー」の導入された地域と「コロナ重症例」には明らかな相関関係があり、NWOチーム執行委員の方々が強調する「大幅な人口削減」に大きく寄与する事は確かでしょう↓
「世界人口削減計画に最も効率的な兵器...5Gテクノロジー」(リンク)

イギリスでは “Stop 5G UK” という市民団体がある位に、5Gの危険性について関心の高い人たちが多いのですが、コロナウィルス発症との関連性を疑う人が増える中、コロナで自宅軟禁中にあちこちで5Gタワーが建設されているのを発見した市民の懸念が爆発。ついに5G通信塔の連続破壊事件が発生しました!

詳細は草の根チーム・イギリス支局長(!?)のこちらの記事から↓
「5Gタワー連続破壊 VS 言論統制を隠そうともしない支配者層の戦いがイギリスから始まる」(リンク)

◆「彼ら」が向かうシナリオとは!?
つづき(リンク)

宮田一郎
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)