fc2ブログ

高速道路「無料化」案も浮上、新型コロナ終息後に

以下リンク

東京オリンピック・パラリンピックの1年延期が決まった直後に、東京都で新たに41人もの新型コロナウイルスの感染者を確認。小池百合子知事は昨夜、緊急の記者会見を開き、「感染爆発の重大局面を迎えた」と述べ、平日はテレワークを推奨、週末は当面の間、不要不急の外出を控えるよう都民らに要請した。

新型コロナによる肺炎患者は抑制されるどころか、世界各地で感性拡大が止まらないが、国内の感染状況については、厚生労働省がホームページで毎日更新。各紙も社会面で掲載しているが、3月25日午後11時の時点での国内感染者はクルーズ船・チャーター便を含めて2019人に達している。


そんな中、少し時期尚早のようだが、終息後の経済対策の具体的な議論も始まったという。きょうの産経によると、都市部と地方を結ぶ高速道路を無料化し、感染拡大や東京オリンピック・パラリンピックの延期決定などで深刻な打撃を受けている地方の観光業を支援するそうだ。

政府はすでに東日本高速道路(NEXCO東日本)など各社へ打診。財政措置の枠組み次第では、首都高速道路でも無料化が実現する可能性があるという。

高速料金の割引についてはリーマンショック後の景気浮揚対策の一環で、ETC搭載車に限り「土日祝日1000円乗り放題」を実施したことがあったが、マイカー族が休日に集中して大渋滞を引き起こした悪しき例もある。おそらく、今回も1~2年程度の期間限定とはなるだろうが、それがバカ高い高速料金が終日無料になれば、少なからず地方経済回復の波及効果は期待できるだろう。

kanarchy 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)