fc2ブログ

週刊文春に独占させている限り国民に広がらない

森友問題の週間文春のスクープは、一時世間を騒然とさせたが、コロナ問題の拡大もあって、一般マスコミには殆ど取り上げられないまま、消え去りそうである。
普通の感覚と、政権の対応の相違、違和感はどうしようもないのか。
誰が嫌、という事ではなく、真っ当な指摘が通らないこのおかしな状況は転換させる必要がある。

以下、天木直人さんのブログ(リンク)からの引用です。

*******************************

 今日発売の週刊文春を見て直感した。

 このままでは安倍首相を追い込むことはできないと。

 自殺した財務省職員の遺書を公開した初回の週刊文春のスクープ報道を見て、私は政治を動かすことになるかもしれないと期待した。

 そう思って私はその記事を評価し、宣伝した。

 しかし、その後の動きを見て、何かが違うと思った。

 そして今日発売の記事だ。

 ネタがつきたといわんばかりに、財務省職員と赤木夫人のお涙ちょうだいの記事になっている。

 これでは、週刊文春と赤木夫人と相澤記者の三者が演じる芝居で終わる。

 すべてのメディアが取り上げるようにならなければいけない。

 一般国民の圧倒的な怒りに火をつけなければいけない。

 何よりも、国家権力の頂点に立つ安倍首相夫妻への異議申し立てに発展しなければいけないのだ。

ところが、このままではそうならない。

 署名の数も驚くほど勢いがない。

 コロナ騒ぎでかき消されたのか。

 そうではない。

 コロナ危機に負けない動きに発展させようと思えばできたはずだ。

 そしてそうしなければ、国家権力と官僚組織が死守しようとする安倍政権を倒すことはできない。

 何かが間違っている。

 何かが足りない。

 このままでは、何があっても負けるわけにはいかないと覚悟を決めている安倍夫妻とそれを守ろうする巨大な組織に勝てない(了)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)