fc2ブログ

新型コロナのパンデミックが実際以上に危険視される理由

リンクより転載

<恐怖心が理性を圧倒するのが人間の本質。それゆえ世界中の人々がパンデミックを実際以上に危険視するのは確実だ。危機に対する不合理な、ほとんど制御不能な社会と政府の反応は繰り返されてきたが、それには認知心理学的な説明が付く>

恐怖はほとんどの場合、迫り来る危険よりもたちが悪い。恐怖心が理性を圧倒するのが、人間の本質だからだ。

それを考えれば、世界中の人々が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)を実際以上に危険視することはほぼ確実だ。そして世界中の専門家や政府当局者は真のリスクを大急ぎで把握しようとしているが、政府の対応がパンデミックをもっと悪化させる可能性はかなり高い。

私はイスラム過激派との「テロとの戦い」の時期に、危機に対する不合理な、ほとんど制御不能な社会と政府の反応を目の当たりにした経験がある。

2001年9月11日の米同時多発テロに対し、知識人と政府当局者を含むアメリカ人が感じた恐怖と怒りはすさまじいものだった。

当時、情報機関の一部の人間は次のような警告を発した。アルカイダは取るに足りない小グループであり、大きな脅威ではない。イラクのサダム・フセイン政権とは何の関係もない。世界に18億人いるイスラム教徒のほとんどはテロリストではない。

さらに外国出身のテロリストに殺される危険性よりも、スズメバチや犬に殺される確率のほうが65倍高いとも指摘した。

だが社会と指導者が抱く恐怖心の前では、事実はほとんど無力だった。9.11テロはその後20年間、アメリカの外交だけでなく内政も大きく左右し続け、4兆ドルの資金と数十万人の命を犠牲にした。

恐怖が事実を圧倒するのは、人間が2つの方法で情報に反応するからだ。

まず、人間は生き延びるために、新しい情報に対して感情優先の本能的反応を返すように進化してきた。さらに私たちは、最も強力な感情的記憶や認識に基づいて判断を下す。そのため認識した危険を実際以上に過大評価するのだ。この思考プロセスを、ノーベル賞受賞者の認知心理学者ダニエル・カーネマンは「速い思考」と呼ぶ。

第2の方法は、カーネマンの言う「遅い思考」――事実を探求し、客観的な確率を出そうとする理性の働きだが、一般に感情は事実より強力だ。そのため人間は「速い思考」に基づき問題を判断しようとする。

今のアメリカでは、存在を許される事実は大統領にとって都合のいいものだけだ。2月25日の報道によれば、米疾病対策センター傘下の国立予防接種・呼吸器系疾患センターのナンシー・メッソニエ所長は、「今はもう(感染拡大が)起きるかどうかよりも、いつ起きるかの問題だ」と語った。

この直後、影響力のある右派の評論家ラッシュ・リンボーが、メッソニエは「ディープ・ステート(国家内国家)」の一部だと非難。嘘と左派との共謀によってパニックをあおり、トランプの評判を落とそうとしていると主張した。この発言に、「速い思考」の人々のかなりの部分が共鳴した。

コロナウイルス対策をできるだけ成功に近づけるために、政府はよい知らせも悪いニュースも含めた真実を伝えなければならない。真実を把握するために「遅い思考」を心掛けなければならない。そして国民が政府を信じ、その行動を支持するだけの信頼性を確保しなければならない。

残念ながら、コロナウイルス危機において最も重要な2カ国、中国とアメリカは国民に不信感を抱かせ、「遅い思考」よりも「速い思考」に走っている。

中国政府は国家のメンツを守るために真実を犠牲にする昔の姿勢に先祖返りした。トランプのアメリカは、大統領を完全無欠に見せ掛けるために醜悪な嘘を垂れ流し続けている。

「真実を知ることはあなたを自由にする」と、CIA本部の入り口に掲げられている。恐怖というウイルスに身も心も侵食されないためには、「遅い思考」が必要だ。

柴田英明
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)