fc2ブログ

新型コロナは紫外線に弱い!!!

連日報道される新型コロナウイルスの被害報道がある。

感染者が増える中、政府はマスクの着用や手洗い・うがいを行うことを奨励しています。

しかしマスクというものは、食事をする際や飲み物を飲む際には一旦はずしてしまうものであります。

そして、その際にはテーブルにマスクを置いたり、上着にしまい込んだりする時にウイルスが付着するのではないでしょうか?

そのウイルスが付着したマスクを、食後に再び直接口に当てているのです。

滑稽な話ですが、このようなウイルス感染のルートもあり得るのです。
また紫外線は体、特に肌にダメージを与えるとして「悪」のイメージを日本人の大半は持っているかもしれません。

しかし、紫外線つまりは太陽の光は本来は健康に「良い」ものでありますが、20年位前から行われているマスコミのイメージ操作によって「悪い」ものだと我々は思わされているのです。

例を挙げるとロシアのトラックの運転手が長年左側だけに日光を浴び続けていたがゆえに、そこだけが老化してしまったとのことなのです。

しかし、普通に考えてみても日本では車は右ハンドルですから、右側から日光を浴びる率が高いので日本のタクシー運転手やトラックの運転手は右側だけが老化してもおかしくないはずですが、現実にはそうはなってはいないのです。ですから、「紫外線は体に悪い」というのはデマであると筆者は考えます。

古来から日本人というものは、農業や漁業を太陽の下で営んできた民族なので、本来、太陽に当たっていなければならないのです。

そもそも、過度な日光を浴びないように白人と違って肌が黄色いのであります。

つまりは、「紫外線=悪」というイメージ操作は不健康な人間を大量に作り出して医療業界が儲ける為の罠であることに私達は気づくべきなのです。

そして、政府=自民党=医師会、という構図になっていることを忘れてはならず、医師会から献金を貰っている自民党・政府が国民の健康よりも医師会の立場を優先するということも忘れてはならないのです。

新型コロナには、日光(紫外線)です。

リンクから転用

 
姜ヨセフ 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)