fc2ブログ

習近平が17万人のテレビ大会で地方政府に、武漢肺炎患者の隠蔽・捏造工作を指示

中国政府は国内の感染が収束しているかのような捏造データを出しているが、中国全土で武漢肺炎は拡大中。
しかし中国政府はそのことを隠蔽するために報道は一切しない。要注意!

中国で働いていた朝鮮人が春節で北朝鮮に帰国し、北朝鮮でも武漢肺炎の感染者が急増。金正恩も感染した恐れがある。

日本はもとより、今後の中国の動きに目が離せない。


スクープ!!習近平が17万人のテレビ大会で地方政府に、武漢肺炎患者の隠蔽・捏造工作を指示!!
(リンク)

(以下引用)

中国政府は中国国内の感染者数、死者数が減っているかのように報道しているが、これらは完全な捏造である。1週間(3月初めころ)に、中央政府は地方政府を集めてテレビ大会(地方政府関係者17万人が参加)を開催したが(映像はユーチューブで観ることができる)、習近平政権のトップ7人(習も含む)はマスクをかけていないが、他の政府関係者はみなマスクをかけていた。その理由はトップの7人はワクチンを接種したため感染しないから。
この大会で習近平は地方政府に対し、実際の感染者数と死者数の記録や医師のカルテを全て消去するよう命令した。そして実際のデータを改ざんして(例えば300人なら3人に)かなり少ない数を発表するよう命令した。その証拠資料(指示書)を入手した。必要なら翻訳して提供する。
・習近平の任期は無限。習近平が政権を握っている間に中国国内だけでなく世界中に武漢肺炎を感染させ世界中をパニックにさせているため、中国人民はみな習近平を嫌うようになり、中国政府の言うことは全て嘘であることに気が付いた。
人民の反発を招いている習近平は国家主席就任当時の人気を回復したいと考えている。しかし、中国国内の真相を明らかにすると習近平は終わってしまうため全ての真相を隠蔽している。真相を伝えようとすると必ず逮捕される。
・1月初旬に勇気ある8人の医師が武漢肺炎の実態を伝えたため、現地の警察が彼らを逮捕し刑務所に投獄した。その結果、李医師を含む数人の医師が感染して亡くなった。しかし武漢市も中国政府も8人の医師はデマを流したと主張していた。
・政府は感染者数、死者数をかなり少なめに発表している。一方、中国政府は人民に対して欧米諸国の感染者数、死者数が増えていると次々に発表している。
中国は防疫に成功したとして、医療チーム、支援金、薬などをイランなどに送りこむなどのプロパガンダを盛んに行っている。
また、中国政府は情報戦で武漢肺炎を日本肺炎と呼ぶようになった。このままでは30年後には武漢肺炎を日本肺炎とされてしまう。しかし人民は日本肺炎ではなく中国共産党肺炎と呼んでいる。
・中国政府は、感染したおばあさんを4重の袋に入れて生きたまま焼却している。
・中国政府は、封鎖された武漢市民に食料品を定期的に配給しているかのように報道しているが餓死者が大量発生している。他の地域から野菜を武漢に寄付しても市民の手に届く前に共産党幹部に強奪されている。
市民たちは、寄付された野菜をもらったことがない、非常に高価な野菜を買っていると言っている。しかし中国政府はこの事実を一切報道しない。
そのため毎晩多くの武漢市民が一緒になって、共産党はうそつき、奴隷になりたくない、と叫んでいる。
人民は誰も政府や共産党を信用していない。
・中国政府は人民を職場に復帰させて働かせようとしているが、中国政府は人民が感染して死亡しても全く構わないと思っていることを人民は知っているため職場にもどらずに抗議を続けている。
・中国共産党幹部の家族はみな外国に住んでいるのに、人民には強制的に働かせようとしていることに人民は大きな不満を感じている。そのため共産党幹部の家族が中国に帰国したら自分たちも仕事をすると主張している。13億人の人民は中国政府、共産党が嘘ばかり言っていることを知っている。
・習近平は200万人の軍隊と警察を持っているが、それ以外は嘘ばかりで何も持っていないことに人民が気が付いたため、今後、各地でデモが次々に拡大していくだろう。昨日も1000人以上の反政府デモが行われた。
・武漢肺炎は中国全土に感染が拡大している。全く収束していない。国内の患者数、感染者数、死者数を捏造して報道している。
・中国政府は、国内は感染が収束して安全だから働けと人民に命令しているが人民は恐ろしくて職場に戻りたくない。
中国政府や共産党幹部は、人民が彼らのやり方に反対しているのに嫌気がさしており、多くの人民に死んでもらいたいと思っている。
これまでも中国各地でデモが起きていたがデモのリーダーが逮捕されている。中国政府・共産党幹部は人民のためではなく自分たちのために中国を統治している。彼らは海外の銀行口座に預金し海外で妾を作って子供を産ませ海外で豪邸を買っている。彼らは自国を愛していない。彼らの子供たちはみな海外にいる。中国でもチベットでも人々は財産を略奪されたため何も持っていない。

(引用終り)

峯川道明
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)