fc2ブログ

不全の増大から認識収束が加速

■新聞発行部数推移 (単位=部)
年 度     一般紙    前年比
2019年・・・34,867,965・・・-5.31%
2018年・・・36,823,021・・・-5.01%
2017年・・・38,763,641・・・-2.66%
2016年・・・39,821,106・・・-2.14%
2015年・・・40,691,869・・・-2.39%
2014年・・・41,687,125・・・-3.34%
2013年・・・43,126,352・・・-1.36%
2012年・・・43,723,161・・・-0.84%
2011年・・・44,091,335・・・-1.82%
2010年・・・44,906,720・・・-1.65%
2009年・・・45,659,885・・・-1.94%
2008年・・・46,563,681・・・-0.85%
2007年・・・46,963,136・・・-0.20%
2006年・・・47,056,527・・・-0.28%
2005年・・・47,189,832・・・-0.59%
2004年・・・47,469,987・・・ 0.40%
2003年・・・47,282,645・・・-0.23%
2002年・・・47,390,027・・・-0.36%
2001年・・・47,559,052・・・ 0.33%
2000年・・・47,401,669

・2009年~2000年までの10年間の減少部数: -1,741,784
・2019年~2010年までの10年間の減少部数:-10,038,755

・2009年の発行部数:2000年比→96.3%
・2019年の発行部数:2000年比→73.6%・・・2009年比→77.6%
→近10年間の新聞離れが加速
さらに、2018・2019年の減少率は一気に5%代に突入。

中国・韓国・北朝鮮等からの身勝手な押し付けや要求に対して、彼らを正当化する偏向報道が各新聞社から垂れ流され多くの人々の「不全」が増大し、新聞離れが一気に加速していると想定される。

新聞離れをしている多くの人は、インターネット(スマホ等)に流れていると考えられる。
その一つの事例として、ここ1~2年、民族系(?)の政治系サイトの登録者数の増大につながっていると考えられる。
左翼系のサイトは相変わらず自我的主張(根拠無し)を繰り返すばかりだが、民族系は根拠(歴史の追求等)をもって主張を発信している。

一方、日本において金融勢力は、中国・韓国・北朝鮮系政治家等への攻撃を開始しており、各既存マスメディアの弱体化はさらに進んでいくと想定される。



天神地祇
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)