fc2ブログ

過去の感染病大流行の共通事項から新型コロナウィルスを見る 1

注目すべきは、記録に残る数千年の歴史の中でも、流行病で大きな被害が出たものは、天然痘やペストなど多数あるが、現在のように5年おきに起こるような事態には至らなかった。

具体的には、エイズ1980年頃から、鳥インフルエンザ2005年、豚インフルエンザ2009年、エボラ熱2014年、ジカ熱2017年、新型コロナウィルス 2020年と、1980年頃を起点として発生している。これらはすべてウイルスが媒介する感染だ。

また、蝙蝠を食べるなどの風習も、中国では長らく行われてきた文化であり、過去には何もなかったのに今だけ大騒ぎするのもおかしい。

他方、遺伝子組み換えなどのバイオテクノロジーの隆興は1970年ころであり、その応用はどんどん進み70年代末には様々な産業に応用されていく。

つまり、悪意の有無に関係なく、人為的に作り出されたものである可能性が高い。

そこで、『世界の裏側ニュース』の『コロナウィルスは本当に危険?特効薬と噂されているものとは?(リンク)』の中の、『最近の感染症大流行をおさらい』の記事を再整理して、※印で分析へを加えてみた。

この引用の中では

①『コクラン共同計画のゴッチェ博士は自らの著書「殺人的な医薬品と組織化された犯罪:医療業界を堕落させた巨大製薬企業(仮訳)」の中で、まさに「巨大製薬企業のビジネスモデルは組織的犯罪である」と述べている。』

②『Jon Rappoport氏は1987年からウィルスとワクチンに関する著書を発行しており、このテーマでのベストセラーも出しています。そして存在さえしていない「ウィルスの大流行」に対する恐怖心を煽るメディアの脅し戦略にはあまり賛成していないことは皆さんのご想像通り。』

という部分に、感染病大流行の共通事項があると思う。

更に、引用元の現象を分類整理してみると

1.鳥インフルエンザ 2005年

①メディア戦略:世界中に席巻して数百万人の犠牲者が出るだろうとの予想がマスコミを通じて発表され、大衆の恐怖心をあおった。

②背後構造:最大手の製薬企業はこの恐怖を利用して、ヨーロッパやアメリカ、カナダなど西側諸国の政府に数十億ドル相当の抗ウィルス薬、タミフルを、納税者からの税金によって備蓄させた。

③最終結果:その後、あまりにも突然に、この「鳥インフルエンザ」は消えた。

④現実の薬効:抗ウィルス薬は、その後の研究により、一般的なウィルス感染症の発病期間をわずかに半日程度短縮することしかできないことが判明。

2.豚インフルエンザ 2009年

①メディア戦略:アメリカ全国で数万人がすでに感染し、数百万人の死者が出るだろうとの予想がマスコミを通じて発表され、大衆の恐怖心をあおった。

②背後構造:そのため誰もが「一刻でも早く」とワクチンを受けに行き、数日でインフルエンザの予防接種とマスクが売り切れ、大手ワクチン製造業者は数百憶ドルの利益をあげた。

※おそらく、2005年の鳥インフルエンザの際に備蓄したものだと思われる。これで在庫がはけた?

③最終結果:しかし保健当局はアメリカ国内における「豚インフルエンザ」に感染した患者について調査さえしていなかったことが報道された。

CDCやFDAなどの保健当局はすべての上呼吸器疾患をそのまま「豚インフルエンザ」に起因するもの、としていたため、「豚インフルエンザで22,000人のアメリカ人が死亡」と主張していたことが判明。

結局豚インフルエンザのウィルスを起因とすることが確認された死亡例は、1件もなく、その年の死亡者数のほとんどは、通常のインフルエンザによるものであり、CDCによると一年あたり36,000人のアメリカ人が普通のインフルエンザで死亡しているという事実が解った。

3.エボラ熱 2014年

①メディア戦略:コンゴからアメリカへなだれ込むのは「避けられないこと」で、「いつ来てもおかしくない」もので「数百万人が感染する」だろうとの予想がマスコミを通じて発表され、大衆の恐怖心をあおった。

②背後構造:世界中の政府から新しいエボラ熱ワクチンの開発のための資金として、多額の税金が製薬企業に提供され、ワクチンは実際に開発された。

③最終結果:しかし、現地では猛威を振るったようだが、その他の国では、何も起きなかった。

④その後。2019年のコンゴでのエボラ大流行の際、コンゴ国内で「リスクが最も高い」人を対象に130,000件のワクチンが投与されたが、実際には流行を阻止する効果はまったくなかった。

※おそらく、2015頃の備蓄を利用し、これで在庫がはけた?

4.ジカ熱 2017年

①メディア戦略:ウィルスはブラジルからアメリカにすでに侵入していると言われていた。米国南部を経由して、蚊がウィルスを持ち込んでいると。そしてジカ熱は胎児に遺伝子的変異を引き起こすだろうと言われていたす。

②背後構造:この背後で、何が起こっていたかについては、現在のところ不明。

③最終結果:数週間もすると、すっかりと消え去っていた。恐怖心をあおり続けていた唯一のソースはニュースによるプロパガンダで、妊娠中の女性と、死亡したあるいは変形した赤ちゃんの写真で埋め尽くされていた。そのプロパガンダが終わった時、驚くことにこの病気も消え失せていた。



本田真吾
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)