fc2ブログ

テレビの命運は風前の灯火,偏向と嘘とヤラセだらけで広告主が離れていく

インターネットが広まり、それに比例してテレビの嘘とヤラセが鮮明になっている。
2018年は、インターネット広告費:1兆7,589億円>テレビ広告費:1兆7,848億円となっている。あと数年でテレビはインターネットによって淘汰され、社会から見捨てられる。

Money voice リンク
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
〇テレビは見捨てられていく
あと数年のうちに、企業が使う広告費はインターネットがテレビを圧倒するようになっていく。広告費から見ても、企業は広告費をインターネット・ファーストにしており、テレビへの出費を減らしている。(中略)言うまでもないが、広告収入を失うというのは、テレビが見捨てられるというのと同義である。

〇自分が見たいものが何もやっていない
そして、普通の人には何が面白いのか分からないようなものですらも、そうした動画を好んで見ている少数の人が存在する。テレビが決して取り込めない膨大で無限の「少数」をインターネットは大量に取り込む。それは検索でいつでも探すことができて、いつでも見ることができて、関連動画を辿るといくらでも深掘りができる。誰でも参加ができて、全世界の人たちの動画を見ることができる。もはや、インターネットの動画はテレビなど完全に超えている。5Gの時代が本格的に到来すると、インターネットの動画はさらに質と量を爆発的に上げてくる。5Gの時代というのは「テレビが本格的に死んでいく時代」である。「テレビがつまらなくなった」というのは最近は本当によく言われることなのだが、それは当然だ。(中略)若年層はインターネットに軸足を移して「テレビはほとんど見ない」ようになる。そうするとテレビはインターネットに馴染まない高齢者ばかりが見るものになり、必然的に高齢者が好む番組ばかりになる。すると、ますます若年層はテレビを見なくなっていく。

〇広告費もインターネットに集中していく
スポンサーもテレビに広告料を出すよりも、インターネットに広告料を出した方が訴求力があると思うようになっていく。2018年、インターネット広告費は1兆7,589億円で、テレビの広告費は1兆7,848億円だった。広告費はほぼ拮抗するようになった。あと数年のうちに企業が使う広告費はインターネットがテレビを圧倒するようになっていく。広告費から見ても、企業は広告費をインターネット・ファーストにしており、テレビへの出費を減らしている。

〇テレビの命運は風前の灯火
NHKですらもヤラセと偏向のオンパレードだ。だから「ぶっ壊す」と言う声が支持されるようになっているのだ。テレビは嘘と偏向で成り立っていることは知っている人は知っている事実だったが、それが一般にも「隠せなくなってきた」のが今の状況である。そして、そのテレビの「嘘」と「ヤラセ」を暴くのもまたインターネットだ。「テレビが本格的に死んでいく時代」がやってきている。次世代通信「5G」がテレビを絞め殺し、インターネットがテレビを飲み込んでいく。テレビの命運は風前の灯火だ。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□



蔵端敏博
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)