fc2ブログ

”阿吽の呼吸”が消える国技

若い東大卒女性の過労死が大きく取り上げらえると「働き方改革」、こどもの虐待死報道が続けば「親の体罰禁止」。社会的事件が発生するとより深い原因を探ることなく対処療法的な法律がつくられます。そして多くは「つくりっぱなし」、ゆえに同じことを繰り返す。

機械ではない人間社会、先っぽだけを変えても、根本解決にはならない、どころか小手先の「改革」の煽りを受けて、元々あった本質価値が見失われてしまう。

こんな世界にも・・、という事例を紹介します。

村松友視「北の富士流」より
----------------------------------
大相撲人気の回復の中で、「立合いに両手をつく」は、行司や審判委員のきびしい監視もあって、力士全体にほぼ行きわたっているように見える。今日の土俵において、「両手をつく立ち合い」もまた“正義”の象徴のごとく実践されている、と私の目には映っている。

だが、この作品を書くにあたって、相撲全盛期といわれた“栃若時代”あるいは“柏鵬時代”のフィルムやビデオをいくらか見直してみると、当時の力士はむしろ、立合いに両手をつかぬケースが多いように思われた。当時、その「両手をつかぬ立合い」が問題となったあざやかな記憶が、私などにはあまり残っていないのだ。その立合いの雰囲気からは、おそらく「両手をつく」より上位の価値であろう「阿吽の呼吸」が伝ってくるのである。
(略)
相撲は立合いがすべて・・・これは、おそらく“阿吽の呼吸”の奥に秘められた、私などには理解できぬ事柄であると認識しつつ、そこが相撲の真理であろうとは理解できるような気がするのだ。“立合い”にはたしかに、力士が“命”をかけるほどの価値があるにちがいない。ただ、「立合いがすべて」と「立合いに両手をつく」は、果たして直につながる事柄なのだろうか、ということなのだ。

また、“栃若時代”や“柏鵬時代”の相撲は、立合いに両手をつかなくても、見る者を納得させる攻防の迫力と奥深さにあふれていた。そこはたぶん、というより当然、相撲関係者が百も承知の事柄なのであろう。では理想の立合いとは何かについて、相撲の素人であるファンを説得する言葉を編み出すのは至難のワザである。

そこで、“無気力”や“八百長”あるいは“大麻”や“野球賭博”などがリークされ、改革を迫られた協会が選んだ「正しい立合い」を世間に対して証明する言葉の象徴が、きわめて教科書的で単純明快な「立合いに両手をつく」だったのだろう。そして、「立合いに両手をつく」を金科玉条とすることにからむ何とも言えぬくすぐったさは、相撲体験者たる協会の人々や土俵で取組む力士がもっとも強く感じているはずであると、私とてもうすうす感じているのだ。

だが、世間的な“正義”からの大批判を浴びて、それに対して姿勢を正して見せようとすれば、そのような杓子定規な言葉の選択とならざるを得ず、それでしばらくは批判をやりすごせたりもするのがこのご時世の中での“正義”にちがいなく、そしてまたいつ何どきその価値観が風化するかもしれぬ運命にある。第一、そんな幼稚で教科書的なところに、相撲の真髄があるはずがない。「立合いに両手をつく」のはるか彼方に阿吽の呼吸という神秘があるということにちがいないのである。

力士と力士が“情”を込めて“真剣勝負”をする相撲という摩訶不思議で奥深い世界の価値は、とうてい法律の条文並みの言葉では言い表せぬ、汲めども尽きぬ伸縮自在の味わいにみちてくる。そして、“決まり事”というのは、つねに分かりやすすぎる表現にならざるを得ない。



春野うらら 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)