fc2ブログ

詐欺・改ざん・捏造の蔓延する安倍政権下の日本において、電通配下の大手マスコミが発表する安倍内閣支持率は2倍から3倍にかさ上げされているとみなすべき

新ベンチャー革命2019年4月4日 No.2303より引用
リンク


タイトル:詐欺・改ざん・捏造の蔓延する安倍政権下の日本において、電通配下の大手マスコミが発表する安倍内閣支持率は2倍から3倍にかさ上げされているとみなすべき

1.驚愕!:新元号・令和が発表されて、安倍内閣支持率が10ポイントも上昇し、50%台になった?

ネット情報によれば、安倍内閣が新元号・令和を発表したら、40%台だった内閣支持率が10%近く跳ね上がって、50%台になったそうです(注1)。

 また、新元号・令和を好感している国民は73%だそうです。

 筆者個人の肌感覚において、ネット世論と、大手マスコミの世論調査結果が今ほど乖離している過去事例はあまり記憶にありません。

 電通配下の大手マスコミ世論調査が国民全体の意見を真に代表しているのかどうか、まったく不透明ですし、まったく信用できません。

 われら日本国民は、電通配下の大手マスコミの発表する世論調査が正しいのか、かさ上げされているのか、まったく確かめようがないのです。

 それにしても、電通配下の大手マスコミの世論調査数字とネット世論の反応との乖離はあまりに大きすぎます。


2.電通配下の大手マスコミの世論調査はまったく信用できない!
 上記の世論調査をやったのは、電通系の共同通信とのことですが、大手テレビ局や大手新聞社の世論調査も、電通系の世論調査専門の会社に委託されているのでしょう。

 したがって、本ブログでは、大手マスコミのやる世論調査結果の改ざんは、大手マスコミを牛耳る電通が実質的に仕切っていると観ています。

 ちなみに、大手マスコミのやる世論調査が改ざんされている事実は、すでに、毎日新聞記者だった鳥越俊太郎氏が告白しています(注2)。

 この証言から、電通配下の大手マスコミの世論調査はほとんど信用できないでしょう。

 今、比較的信用できるのは、電通とのつながりの薄い地方の新聞社くらいのものでしょう。

 電通配下の大手マスコミの発表する安倍内閣支持率は、2015年時点で、地方新聞の同様調査結果と2倍も違っていたという比較検証はすでになされています(注3)。

 2015年時点より今の方が、安倍内閣支持率がさらに低いと推測されますので、今、電通配下の大手マスコミの発表する安倍内閣支持率は、実態数字の2倍以上であり、場合によっては、3倍程度、かさ上げされていると観てよいでしょう。


3.日本政府の統計改ざんがばれている現在、電通配下の大手マスコミの世論調査結果の改ざんがさらに大胆になっているのは、やはり安倍氏の人間性が影響している

振り込め詐欺犯罪が急増・蔓延している今の日本においては、遂に、日本政府も平気で統計改ざんをやるようになっています。

このように、日本全体が詐欺・改ざん・捏造まみれの国に堕したのは、やはり、安倍氏が“巧言令色”の詐欺師的首相だからでしょう。

 このように観ると、上記、安倍内閣支持率50%台という電通系共同通信の調査結果は、実際の2倍から3倍くらいに大幅かさ上げされていると疑われます。

 いずれにしても、安倍政権下の日本は堕落の一途です。いまだに、安倍自民党を支持する国民は真剣に再考して欲しいと願って止みません。



匿名希望
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)