FC2ブログ

優先的に、先に解決すべきは、「北の拉致被害問題」に決まっている  マスコミによる、”北方領土報道”は、「安倍への特大支援」だ  あと、日本人の『平和ボケ』の怖さ (2)

そして、前の記事でも、ちょっと触れましたが、

横田めぐみさんの、お父さん、お母さん。又は、他の拉致被害者のご家族の、ほとんどの方も、お歳からいって、もう時間がないんです。

それでも 日本人は、 冷たくなりすぎた日本人は、

マスコミが、”切実な、切実な「北の拉致被害問題」”を、ほっておいて、

安倍政権のために、成功するはずもない、ただ、安倍政権を存続させるための、「北方領土問題」を、マスコミが、ひたすら報道することについても、なにも、怒りを感じないでしょう。なにも、違和感を感じないでしょう。

これが、日本人の「メディア・リテラシー」の低さです。相当、低いです。かなり深刻なことです。

ふつうだったら、「何が、北方領土返還だよ。見えすえたポイント稼ぎをしやがって。それだったら、まず、やるべきことは、拉致被害者の奪還だろ。貧困・格差の是正だろ。」

と、思うのが、常識的な人間なのに、今の日本人は、そうじゃない。

これも、日本の『平和ボケ』の結果の、1つです。

大事な判断力を狂わす、『平和ボケ』の、怖さです。



そして、そういう『平和ボケ』による、弊害は、いくつもあります。

「拉致被害」の話しに戻りますが、

「 そうねぇ。『拉致被害者』のご家族さんにとっては、もう、時間がないわよねぇ。
でも、私には、関係ないことだから。」

このように、日本人が、こういう冷たい民族になっても、ほとんどの人は、そのことに対して、自覚がないのです。

なにより、去年の自民党総裁選で、安倍が、
「総裁選直後に、すぐに日朝首脳会談を開いて、拉致被害者奪還に、励みます。」

って言っておきながら、安倍は、その約束を、ほごしたのに、

国民は、それに対して、なんにも、怒らないわけですから。

安倍にも。そして、その安倍を批判しないマスコミにも。

「自覚なき、冷たい日本人への変化」。

又、『平和ボケ』による、日本人の、怒るべきことに対する”無関心さ”の悪化です。

これ、ほっとけば、これまでより、さらに悪く進んで、社会は、ただただ悪くなるだけですよ。



日本人は、冷たくなった。日本人は、ほんとに冷たくなった。

そして、その冷たさは、このままだと、子供へと、孫へと、受け継がれるでしょう。

また、数少ない、良識的な日本人でさえ、マスコミの思いのままに、翻弄され、

肝心の、切実な「北の拉致被害問題」も、解決されず、

安倍政権は、無事に、「9年」を、全うするでしょう。

めでたし。めでたし・・・・・。と。

(終)。





ご丁寧に、読売が。

・安倍首相とロシアのプーチン大統領の任期中の平和条約締結に向けて想定されるシナリオ

(読売新聞 19年1月24日) 

スポンサーサイト



コメント

page top

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

宇宙時代の幕開け・民間企業が宇宙船を打ち上げたのだから宇宙旅行が近いのも確かなようだ

 宇宙時代の幕開け・民間企業が宇宙船を打ち上げたのだから宇宙旅行が近いのも確かなようだ、アメリカの民間宇宙企業「スペースX」が打ち上げた有人型宇宙船が8日、地球に帰還した。8年ぶりとなるアメリカ本土からの有人飛行再開に向け大きく前進した、に関連する最新のWeb情報を引用すると、

第二次大戦後70年以上経過したのだし米国に守ってくれと頼んでいるわけではない

 第二次大戦後70年以上経過したのだし米国に守ってくれと頼んでいるわけではない・コスタリカのように永世中立国を宣言し国連で認めてもらうべきである、そうすれば駐留費用など負担する必要はない、(ブルームバーグ): トランプ大統領は米軍駐留国の政府が十分な費用を負担していないと、長年にわたり不満を述べてきた。その費用の全額、さらにプラスアルファの支払いをトランプ大統領は望んでいる、に関連する最新の...
page top