fc2ブログ

<ローラ発言の波紋>裏に安倍昭恵の影があり!

家族ぐるみでの印象操作。

こちらから引用リンク

23日、TBSの「サンデージャポン」という番組で、タレントの ローラの辺野古発言問題を取り上げました。

注・ローラの辺野古発言問題とは
  モデルでタレントのローラが、インスタグラムで辺野古埋め
  立て中止を請願する署名を呼びかけたこと

~中略~

上記で一番ローラ発言を批判してるのは西川史子女医ですが、
まるで政府の代弁をしてるかのように、

「反対するなら対案を出せ!」を主張してます。

しかし番組内でテリーや杉村が言ってるように、対案がないなら発言するな、というのはおかしいのです。

民主主義では誰でも発言する権利はありますからね。

しかも、ローラは「せめて県民投票まで工事をストップして」と言ってるだけです。

日本の似非評論家や文化人、それに騙されている一部の国民は

「アメリカが沖縄(日本)を守ってくれているのだ」
「沖縄は戦略上で大きな意味がある」

と勘違いしています。

しかし、米国務長官首席補佐は、

「米軍が日本にいるのはコストのため、本国に返すより50%以上安くつく。そもそも国防戦略上全く必要ない」とまで言っているのです。
リンク

つまり戦略など関係なく、ただコストのためだけということですね。


また、アーミテージ氏も

「米は代案あれば聞く」 辺野古見直しに柔軟
リンク

ナイ元国防次官補も、
辺野古「再検討を」 地元民意を重視
リンク

と、柔軟な姿勢を見いせています。

ところで、上記の西川史子女史、以前は下のような発言をしていました。

しかし、その後、安倍昭恵の誘いを受けてから安倍政権の批判は一切せず逆に擁護するようになります。

これが安倍昭恵の力です。

過去記事に何度書いたか数え切れませんが、安倍昭恵の役目は、芸能タレントや有名人一人一人に近づき、毒牙にかけて忠誠を誓わせ、傀儡の手先にすることにあります。



玉田 聡
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)