fc2ブログ

国民無視の暴挙を繰り返す安倍自民党を本気で支持する国民はわずか20%に過ぎない:

新ベンチャー革命2018年12月12日 No.2199より引用
リンク


1.かつて野党第一党で、自民と拮抗していた民主党が弱体化したため、今の日本は1党独裁の共産主義的国家に堕した

 2009年8月末、当時の小沢氏が日本の二大政党制を目指して、民主党を強くし、民主党がついに歴史的な政権奪還に成功しました。しかしながら、二大政党制としての民主党はわずか1年で崩壊しています。現実には、2012年暮れまで民主党政権が続きましたが、その間、民主党内に放たれていたトロイアの木馬議員、すなわち、前原氏や野田氏などによって、民主党内が故意にガタガタにされ、彼らの計画通り、2012年暮れ、民主党は安倍自民に政権を奪還されています。

本ブログでは、野田民主政権時代末期の2011年9月の段階で、今日の日本の悲惨な姿を予想していましたが(注1)、現実に、今の日本はもう健全な民主主義国家とは到底、言えず、オモテムキ、民主主義国家に偽装した共産主義国家(事実上の1党独裁国家)に成り下がってしまいました。


2.日本が民主主義国家体制を維持するためには、2009年時点の二大政党制的国家に戻すのが必須条件

 自民と民主が拮抗していた2009年時点の日本は、米国同様に、二大政党制的民主主義国家が維持されていましたが、かつての民主党が崩壊し、弱小野党が乱立する今の日本は、すでに、健全な民主主義国家とは到底、言えません。

 日本が、再び、2009年時点の本来の民主主義国家に戻るためには、とにかく、今の野党第一党である立憲民主党を、かつての民主党と同レベルに強化して、自民と拮抗する大規模野党に育てる必要があります。
 
 多くの国民がそのような意識を持てば、必ずしも、立憲民主を支持していなくても、国民は積極的に立憲民主を強くするような投票行動を取るべきです。
 

3.直近のNHK世論調査で安倍自民を支持すると答えた国民の半数は、ホンモノの自民支持者ではない:安倍自民の実質支持率はわずか20%に過ぎない
 
 直近のNHK世論調査結果(注2)から、今の安倍自民を真剣に支持するコア層は、国民のわずか20%でしかないことがわかります(注3)。自民党は大規模政党なので、自民党と何らかの関係がある国民はこれくらいは存在するのでしょう。
 
 それでも、安倍自民支持者が4割もいるということは、その半分は、必ずしも、安倍自民を積極的に支持してはいないのです。立憲民主など野党が弱小なので、消去法で仕方なく、安倍自民を支持しているに過ぎません(注3)。
 
 一方、安倍自民を支持しない4割は、すべて、確信的なアンチ・安倍自民の国民です。このことから、安倍自民支持者の4割と、安倍自民不支持者の4割では、その中身がまるで違うのです。
 
 ところが、安倍様のNHKは、そのような分析は一切せず、安倍自民支持者と不支持者が拮抗しているかのように国民に見せているのです。
 
 上記、NHKの世論調査から見えてくるのは、日本国民の過半数は、暴走する安倍自民を本音では決して、もろ手を挙げて支持しているわけではないという現実です。

よく考えたら、あれだけ、強引に悪法の強行採決を繰り返す安倍自民を、関係者以外の一般国民が支持できるはずがないのです。
 
 次期総選挙では、今回、消去法で仕方なく安倍自民支持と答えた国民は、与野党を拮抗させるような投票行動を取って欲しいと願って止みません。





匿名希望
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ウィンドウズ7」は使いやすかった・進化した筈の「ウィンドウズ10」は7の長所を取り入れるべきだ

 「ウィンドウズ7」は使いやすかった・進化した筈の「ウィンドウズ10」は7の長所を取り入れるべきだ、日本マイクロソフト(MS)は15日、2020年1月に保守サービスを終了するパソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」からの切り替えを中小企業に促す対応策を発表した。大企業や自治体の切り替えは進んでいるが、中小企業は保守サービス終了の認知度が6割にとどまり、対応が遅れている、に関連する最新の...

野田首相時代に民主党政権を潰した戦犯である野田氏は引退すべきである

 小沢一郎氏が自民党政権から民主党への政権交代を実現させたのに自分の失政から民主党政権を潰した張本人は政界から引退すべきであるのに、国民の願いはそっちのけで千葉県の選挙区では強く未だにのさばっている、立憲民主党会派入りを見送った衆院会派「無所属の会」の野田佳彦前首相が16日、国会内で記者会見し、自身を含めて計7人で衆院会派を結成したと表明した。代表は野田氏。無所属の会を名称変更し、新会派名は...