fc2ブログ

亡国の消費税増税推進する御用メディア

消費税増税の影響は甚大であることは、目に見えている。

植草一秀のブログより引用します。
リンク

///////////////////////////////////////////////////////////////////
(引用開始)

日本経済新聞社は経営難を政府への依存で乗り切ろうとしているのだろう。


財務省が消費税増税を強行しようとするとき、必ず日本経済新聞社が全面支援に回る。


1997年度と2014年度に行われた消費税増税では、日本経済新聞が


「消費税増税の影響軽微」


の大キャンペーンを展開した。


結果は、いずれも


「消費税増税の影響極めて甚大」


だった。


日本経済新聞の罪は重い。


日本重罪新聞と名称変更すべきではないかとの声が聞かれる所以である。


この日本経済新聞系列のテレビ東京が10月26~28日の世論調査で、2019年10月に予定する消費税率の10%への引き上げについて、


「賛成が47%と、反対の46%を上回った」


と報じたことについては、すでに本ブログで伝えた。


「今回も始まった日本重罪新聞のキャンペーン」
リンク


その日本経済新聞のGDP統計報道がとても不自然である。


11月14日に発表された、2018年7-9月期実質GDP成長率(前期比)は、年率換算でマイナス1.2%となった。


このことについてブルームバーグは、


「7-9月期GDP年率1.2%減、2期ぶりマイナス-予想下回る」


の見出しで報じている。


リンク


これが普通の報道だろう。


ところが、日本経済新聞は、


「日本経済、10~12月期はプラス成長回帰へ
 予測は年率2.1%増」


と報じている。


一報は「GDP実質年率1.2%減 7~9月期は2四半期ぶり減」であるのだが、すかさず、10-12月期はプラス成長に戻るとの見通しを報じている。


日本経済が悪化すると消費税増税を実施できなくなる。


その論議を封殺するために、マイナス成長の重要ニュースを否定する必要があるのだと推察される。


安倍内閣は消費税増税と合わせて、税金分の還付や、プレミアム商品券販売などの施策を提示しているが、複数税率、クレジットカード等での決済における増税分還付、プレミアム商品券など、「愚策博覧会」の様相を示す。


「複数税率+プレミアム商品券等=愚策博覧会」
リンク


「簡素な税制」などと叫んでいた理念は完全に吹き飛んでいる。


膨大な人件費と制度対応予算を注ぎ込んで税金を還付するくらいなら、はじめから増税などしなければよいだけの話だ。


そもそも、正統性がゼロ、百害あって一利なしの消費税増税である。


必要な施策は、消費税増税でなく消費税減税、消費税廃止だ。


10月以降の株価急落の重要な一因が、安倍首相による消費税増税実施指示である。


この指示によって、財務省がNHKと日本経済新聞を巻き込んで、増税推進キャンペーンを始動させている。


このプロジェクトは財務省で「TPR」と呼ばれているものである。


「TPR」が創設されたのは1985年のことだ。


財政金融研究所研究部に事務局が置かれた。


私は「TPR」プロジェクト創設時メンバーの一人であるから、この活動の詳細を知っている。


その重要な柱の一つがメディアへの「指導=締め付け」である。


大蔵省幹部がメディア幹部を高級料亭に集めて「指導」したこともあった。


事務局は、政界、財界、学界3000人リストを作成した。


この3000人全員に大蔵省幹部が説得に行く。


同意を得たら、その人物に関する工作活動はとりあえず完了する。


財務省は情報統制を行っているのだ。


その最大の手先になっているのが、NHKと日本経済新聞なのである。

(引用おわり)
///////////////////////////////////////////////////////////////////





匿名希望
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本ではクジラ肉を食べたい人多いのか? 又は政府が捕鯨船運航地周辺の支持を得たいのか? 

 日本ではクジラ肉を食べたい人多いのか? 又は政府が捕鯨船運航地資本の支持を得たいのか? 反対国の多い捕鯨再開を決定する様だ、政府は約30年ぶりの商業捕鯨の再開に向け、クジラ資源の管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を早ければ25日にも決定し、その後表明する見通しだ。日本の国際機関脱退は戦後ほとんど例がなく極めて異例。国際社会から協調軽視との批判を浴びることは必至だ、に関連する最新の...

東南海大地震が近い将来起きると予告されている日本も夜発生なら大被害が予想される

 東南海大地震が近い将来起きると予告されている日本も夜発生なら大被害が予想される、日本の備えは万端であることを祈る、(CNN) インドネシアで22日夜に発生した津波は、住宅地やリゾート地を直撃し、これまでに222人の死亡が確認された。事前の警報はなく、負傷者は数百人、行方不明者は20人以上に上っている、に関連する最新のWeb情報を引用すると、