FC2ブログ

カルロスゴーンの逮捕、なぜ今なのか?

この事件の裏にはいろいろ在りそうですが、このタイミングで特捜が動き出した理由(の1つ)に、なるほどと思える記事がありましたので紹介します。
リンクより転載。

=====
◇またスピン、ゴーン会長逮捕 入管法改悪の目くらまし◇

日産自動車のカルロス・ゴーン会長が今夕、金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。

「またスピンかよ」。テレビのニュース速報を見た時、反射的にこの言葉が浮かんだ。

外国人労働者の受け入れ数拡大に向けた入管法改正審議に黄色信号が灯った矢先だったからだ。

安倍首相の意向を忖度した法務省が、技能実習生の失踪調査で、改ざんした調査結果を国会に提出していたことが先週、明るみに出た。きょうは改ざんする前の調査原票が出てきたのである。

経団連は時給300円で超長時間こき使える外国人労働者を大量に確保したい。日本人労働者の賃金引き下げにつながるからだ。経団連の意を汲んだ安倍首相は虚偽答弁をしてまで入管法を改正(改悪)する心積もりだ。

 「甘利口利き疑惑」と「清原の覚せい剤」(2016年3月)

 「集団的自衛権の行使容認」と「ASKAの覚せい剤」(2014年5月)

 「モリカケ」と「秋篠宮真子のフィアンセ記者会見」(2017年5月)

安倍政権は窮地に立った時、必ずと言ってよいほどスピンを仕掛けてきた。今回は「覚せい剤所持」の大物がいなかったのだろうか。
明日からは寝ても覚めてもゴーン報道一色となる。安倍政権にとって有難いのは事件が世界に報道されることである。国際社会に恥を晒す、技能実習制度という「奴隷買い」を隠せる。
=====
転載以上。




takigawa hayami
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

不登校児救済に2歩前進・オンライン交流会が(パソコンを通じて、「登校拒否を考える会」と共に救済

 日本の教育はどうなっているのか不登校児は増え続けてが、不登校児救済に2歩前進・オンライン交流会が(パソコンを通じて、「登校拒否を考える会」と共に救済、「学校がつらいなら、行かなくてもいい」。昨今、そんなメッセージがメディアやSNSで叫ばれるようになってきました。2017年度、不登校の小中学生は14.4万人で、過去最多。保護者にとっても、学校に行かない子どもを受け入れやすくなりつつありますが...