fc2ブログ

ネットの世界にも無償贈与の精神を

最近、Googleでキーワード検索しても大した情報が出てこない。

橋本ゆのさんがツイートした画像が7万件以上もリツイート(13万件近い「いいね」)を上げていることから、同じように思ってる人は多いらしい。

内容はツイート画像(リンク)を見てもらったら早いのだが、この記事を見ていただいた方のために言葉化してみる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近のネット検索、欲しい情報手に入らなくなっている説

<2000年代前半の頃>
①調べる

②関連サイトが出てくる「件数は少ないが良質なサイトが多くヒット」

③知りたい情報を入手「当時は個人サイトが多くググればすぐに見つかった」

<現在>
2000年代の個人サイトはほぼ埋もれ、代わりに量産されたまとめサイト、お金もらって書かれた記事ばかり検索にヒットして、欲しい情報が中々手に入らない。

●別サイトのリンクや引用だけ
・やたらと検索上位に出てくる
・引用された文章ばかりで構成されている
・内容薄すぎる記事
・誤情報も割とある
・無駄にページ分割されてる(長い…)

●SNSの投稿を引用ばかり
・どうでもいい情報の羅列
・ここの情報本当にいる??
・偏った意見だけ抽出されていたりする
・たまに表示されてないのもある

●無駄なフリー画像ばかりで中々本題に入らない
・明らかなフリー素材
・前置きが無駄に長い…
・よくわからん外国人のフリー素材やたら出てくる
・本題はずっと下の方

●最後に商品(サービス)に誘導するために書かれた記事
・信憑性の低い情報
・情報源が曖昧
・ページの最後に宣伝する
・Amazonなどの商品リンク
・業界の人が(?)書いたブログ

必要な情報を的確に手に入れる検索スキルや、情報の信憑性を見抜く教養が必要な時代になっている…?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ネットが商売の場所になって以降、検索エンジン対策がビジネススキルとなり、寄ってたかって研究され尽くした。その結果、Googleの検索アルゴリズム変更の方が追いつかず、対策されたページばかりが検索上位に来るようになっている。

市場経済、すなわち有償の世界にどっぷり浸かれば、ネットもマスコミと同じ惨状に陥いるだろう。

ネット文化がもともと備えていた「無償贈与の精神」を、検索エンジン各社は見直す時期に来ている。このままでは検索エンジン、ひいてはネットが無用の長物となる。


 


深ヰ紫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

国後、択捉の二島を含む北方領土返還は実現するのか? 強欲のロシアが要求する条件は?

 国後、択捉の二島を含む北方領土返還は実現するのか? 強欲のロシアが要求する条件は? 参考情報:「日露平和条約の新たな障害となる千島列島「要塞化」  フォーサイト-新潮社ニュースマガジン」https://www.jiji.com/jc/v4?id=foresight_00224_201802010001