食の安全 日本の方が他国よりも多くの農薬を使用している


リンク

食の安全

■輸入米は必ず燻蒸

広大な土地で、種まき、肥料・農薬散布など「飛行機農業」を行っているアメリカの米。

アメリカ米にコクゾウ虫50匹を入れたところ、4日後に10匹が死んだ
密に植えることになり、通気性が悪いため、病気が発生しやすいそうです。
薬を撒くにも大量に使用しなければいけない。
生産段階ですでに問題が高いものとみなされています。
使われている薬はEDBや臭化メチルという明確な「大」発ガン物質。
アメリカは、自国内では使用禁止にしているのだそうです。
訴訟大国アメリカの市民の権利意識というものは、日本とは比べ物にならないほど発達しています。
それに比べ日本の裁判所は「権限外」と門前払いにしがち。
疫病が流行らなければいい、という厚労省の責任逃れの結果、私たちの体には発ガン物質が貯蓄され続けていると言われています。

■日本の方が農薬を多く使っている?

しかし、日本では単位面積当たりの農薬使用量が、アメリカの7倍だと、20年以上も前から言われています。
ベジフルの福井理事長に聞きました。
FAO(国連食糧農業機関)の年報に記載されている
「各国の農薬使用量を耕地面積で割って比較したもの」ともいわれています。
しかし、FAOの年報に取り上げられている農薬は使われている農薬の一部なので、正確に比較ができるものではないそうです。

農薬の使用量の比較は、簡単にはいかないそうです。
アメリカと日本、農薬使用量を単位面積当たりで比較すると、
果実や野菜では大きな違いはなし(表1・2)。
同じ作物なら日本が特に単位面積当たりの農薬の使用量が多いといったことにはなりません(表3)

しかし、作物の違いを考慮せず合計の数字、つまり、表1と2の2.4kgと8.1kgとで比較すると、日本はアメリカの3.37倍!
えーっ、これって、どうして??

[表1]の麦類の0.5に注目です。
アメリカ農業のほぼ半分を占める麦類。
もともと病害虫の発生が少なく農薬の必要性が高くありません。

全栽培面積のなかで、農薬の使用量の少ない作物の占める割合が大きい場合、
全使用量を全栽培面積で割れば、当然、単位面積当たりの農薬使用量は少ない割合になりますよね。

同じ作物でも、農薬の使用量は自然条件や栽培条件によりかなり違ってきます。
品種によっても耐病害虫性は様々なので、安定した生産水準を維持するために使われる農薬の量は変化します。

作物や栽培条件などの違いを捉えずに、アメリカでは少ない、日本では多いとは一概には言えないようですね。




今井勝行
スポンサーサイト

コメント

「闘将星野に続くことわずか4ヶ月未満で鉄人衣笠選手もガンに倒れる」 !!!

日本の国家予算100兆円医療費40兆円でそのうち厚労省発表で10兆円がガンの医療費である。
ほんとうは超高価な抗がん剤や遺伝子治療や放射線治療を厚労省に認可させるための莫大な金を使ったロビイ活動がなされており、
これらの高額治療が開発で消費する電力料金(原子力ムラ)その他を補助金で賄っていることを併せて勘案換算すれば実質「国民が全額を負担する」ガン医療費は20兆円弱になっている。

これほどの巨額を毎年治療研究に費やしているとしたら、普通の国ならとっくの昔にガンなど消えうせてしまっているはずだが、
日本厚労省保険医療死因統計では毎年成人のガンによる死亡が激増して昨年はついに死因統計が始まって以来初めてガンが成人死因の第1位となった。
いまや成人国民の3人に1人以上がガンで天寿を全うできずに亡くなってしまうのである。それも、唐突に。

一体世界唯一の被爆国日本の厚労省医政局保険医療のガン治療研究医学界はなにをやっているのか。

恥を知れと思う。

奇跡体験アンビリーバボー!のユーチューブを紹介する。みんな見てね。

https://www.youtube.com/watch?v=NLIGGlboPWo

これは山がもたらした奇蹟などでは無い。
日本の病院の厚労省ガイドライン抗がん治療をすべて止めて日本脱出したら一発で治った実録である。

日本のガン医療は治療と称して毎年18兆円もの医療費を国民から治療費と称して詐取して、ただただガンで死亡する成人を日本国内で激増させている。
日本厚労省医政局役人の言いなりのガン医療に従事して日本中の成人をガンで夭逝させ続けている日本厚労省医師免許医師は、患者の病を治すべきなのに逆に巨額の治療費をかけて匙を投げ余命宣告しているだけではないか。

厚労省が押しつけるガン治療を止めてヒマラヤに登って本当に自力だけできれいさっぱりガンを治したこの人に日本のガン専門医者は何て言うのか聞きたいものだ。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

家庭用ロボットをアマゾンが来年2019年に提供か?

 家庭用ロボットをアマゾンが来年2019年に提供か? Amazonが家庭用ロボットを開発している可能性があるという。 Bloombergは米国時間4月23日、計画をよく知る複数の匿名情報筋の話として、古代ローマのかまどの女神にちなんで「Vesta」と名付けられた極秘プロジェクトについて報じた。このデバイスは、早ければ2019年にも消費者に提供される可能性があるが、開発段階で中止になる可能性も...