fc2ブログ

■5割以上のアメリカ人は自国メディアを信用しない=アンケート結果

マスコミによる世論操作がどんどん露骨に成ってきた。
さすがに、大衆もマスコミがおかしい事に気が付き始めている。

国民から絶大な信頼があった日本のマスコミでも、今や、ほとんどの人が「今のマスコミはおかしい」「本当のことを発信していない」が常識になりつつある。

スプートニク(ロシア・マスコミ)による、「アメリカマスコミは嘘つきだ」と云う発信だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
■5割以上のアメリカ人は自国メディアを信用しない=アンケート結果

スプートニク リンク より

「スプートニク・オピニオン」によるアンケートの結果、アメリカ人の多くが自国のテレビ放送やメディア出版物を信用していないことがわかった。アメリカのマスコミは公平か、政府や大企業の影響を受けているかといった質問に回答者が答えた。

回答者の59%すなわち半数以上がマスコミは自らの意見ではなく、政治家や企業経営者の意見を反映していると回答。同様のアンケートを2015年に実施した時より6ポイント増加した。さらに、報道が「概ね偏っている」と考える回答者は25%以上になった。

マスメディアを信用しないとした回答者の多くは共和党主義者(78%)であり、トランプ現政権も支持している。一方で、民主党支持者で偏向報道を疑うのは5割弱に留まった。

また、米国在住者で平均を僅かに上回る所得者の4分の3がメディアを信用しない傾向が強い。逆に高所得者の中では、報道は公平と回答した人が多かった。

■米国に主流のマスコミは国際、国内ニュースをどう報じているか 

                     2015年⇒2017年

◎政治家、大企業の視点を反映した報道をしている 53⇒59%

◎区別なく公平や報道を行っている        26⇒27%

◎分からない                  21⇒14%


アンケートは、「スプートニク・メディア」の依頼を受けたフランス世論研究所(Ifop)が米国内で9月20日から27日にかけて実施。性別、年齢、地理に応じて抽出し、18歳以上の802人が回答した。信頼度95%、最大誤差率3.1%となっている。





猪飼野
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北朝鮮アメリカ攻撃可能なICBMを公開・アメリカへの圧力か、或は米からの先制攻撃で自滅への道か?

 北朝鮮アメリカ攻撃可能なICBMを公開・アメリカへの圧力か、或は米からの先制攻撃で自滅への道か? 北朝鮮は11月30日、前日に発射試験に成功した新型ICBM「火星15号」の写真を公開しました。新たに用意された移動式発射機は9軸18輪の特別に大きなもので、火星14号用の移動式発射機(8軸16輪)より大型化しており、これを100%国産したとしています。従来の北朝鮮のICBM用移動式発射機は中国...