安倍氏は、北朝鮮脅威を煽って国民を煙に巻けば、森友・加計事件への関与疑惑を国民が忘れてくれるとでも思っているのか

新ベンチャー革命より引用リンク
タイトル:安倍氏は、北朝鮮脅威を煽って国民を煙に巻けば、森友・加計事件への関与疑惑を国民が忘れてくれるとでも思っているのか:それは大甘で大間違い!

1.国民は、安倍氏が北朝鮮脅威を煽って、国民心理を自在にコントロールしようしているのではないかと疑い始めた
北朝鮮ミサイルを巡る安倍氏の動きから、日本国民は、安倍氏が北朝鮮脅威をことさら煽り、国民の対米依存、対・安倍政権依存を故意に高めようとしているのではないかと疑い始めたのではないでしょうか。
一方、安倍氏の方は北朝鮮脅威を利用して国民を煽って委縮させれば、国民は簡単にコントロールできると思っているように見えます。
そして安倍氏は、北朝鮮脅威をことさら煽ることで、森友・加計事件における安倍氏の関与疑惑を国民が忘れてくれることを、内心、期待しているのではないでしょうか。


2.いくら北朝鮮脅威を煽られても、われら国民は、森友・加計事件への安倍氏の関与疑惑を忘れてはならない
われら国民は、安倍一派が仕掛ける北朝鮮脅威の過剰な扇動行為にくれぐれもだまされないようにすべきです。
このところ、マスコミは森友・加計問題を取り上げなくなりましたが、われら国民は決して忘れないよう、十分心がけるべきです。

これまでの様々な報道、そして、一部の国民による粘り強い追及にて、今では、安倍氏の森友・加計事件への関与は明白です。また、内閣府や財務省などの官僚連中が安倍氏にゴマするため、シラを切り続けて、安倍氏を守るため、ウソをつきまくっていることも明らかです。
佐川・現国税庁長官に至っては、国会で偽証したことはもはや明白です。
にもかかわらず、安倍一派は、今度は北朝鮮脅威を煽り続け、森友・加計疑惑をウヤムヤにしようとする魂胆が国民にはミエミエです。


3.民主主義社会では、法の下に、すべての国民は公平に扱われるべき
戦後日本は紛れもなく、民主主義国家であり、法治国家です。国民は全員、法律に従って、日夜、行動し、生きています。そして、法律に違反した国民は身分にかかわらず、全員が取り締まりの対象です。総理大臣だからと言って、罪を免れることはできません。

さて、安倍氏の関与が明らかな森友・加計事件は、簡単に言えば、補助金詐欺事件です、すなわち、これは税金ドロボーそのものです。安倍氏は、森友・加計事件の当事者の税金ドロボー行為に協力してきたのです。
籠池氏夫妻は、税金ドロボーである補助金詐欺容疑者としてすでに逮捕されているのに、加計氏は野放しにされているし、加計氏の補助金詐欺に協力した安倍氏への責任追及がまったくなされないとしたら、日本はもはや民主主義国家ではないし、法治国家でもなくなります。


4.安倍氏が、森友・加計事件への関与をウヤムヤにするために、北朝鮮危機をことさら煽って、国民を煙に巻いているつもりなら、それは、絶対に通用しない

このところ、安倍氏はことさら、北朝鮮脅威を煽っていますが、国民の関心を森友・加計事件からそらそうとしているのではないかという疑惑は、まともな国民なら、今やみんな抱いています。

安倍氏の北朝鮮関連の仰々しい言動が、国民を煙に巻いているつもりでやっているなら、それは実に浅はかな目くらまし行為です。

まともな国民は、安倍氏の浅はかな目くらまし行動も、罪を免れようとする魂胆も、もう、とっくに見破っています。

安倍氏はもう言い逃れできません、森友・加計事件の責任を取って、最低、総理を即刻、辞任すべきです。いくら北朝鮮脅威を煽っても、国民は決してだまされません。





匿名希望
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)