国民にウソしか言わない安倍氏を擁護する読売・産経(新ベンチャー革命)

新ベンチャー革命より引用リンク
―――――――――――――――――――――――――――――――――
タイトル:国民にウソしか言わない安倍氏を擁護する意見広告が読売・産経に出される:国家主義者が国民を欺いて自由民主主義者を装うから醜悪さが丸出しとなることに彼らは気付いていない!
 
1.安倍氏の応援団・日本会議系一派が安倍氏万歳の御用新聞・読売と産経に安倍氏擁護の意見広告を出す
2017年8月22日の読売・産経新聞に日本会議系の右翼団体・放送法遵守を求める視聴者の会(注1)が意見広告を出したようです(注2)。
この広告に賛同するのはネトウヨくらいのものでしょうが、ほんとうにおかしな時代錯誤の連中です。

さて、本ブログでは、安倍氏を担いでいる日本会議(注3)の連中を親米似非右翼(厳密には親・米国戦争屋の似非右翼)とみなしています。
彼らは安倍氏を担いで、日本を戦前の軍国日本に回帰させようとしています。安倍氏が憲法改悪に固執しているのは、戦後日本の民主主義を否定し、戦前の軍国日本に戻すためです。
彼らの思想を端的に示しているのが、森友学園の軍国小学校の教育内容です。
日本会議の連中は、教育勅語に代表される戦前の教育を肯定しているのです、まさに時代錯誤の反民主主義者そのものです。上記、森友学園の軍国小学校は日本会議連中にとって、一種のモデル校だったのです。

このような日本会議の思想は、戦前、米国と戦争した日本の反米右翼を連想させるので、日本を乗っ取る米国戦争屋は本来、彼らを認めないはずなのですが、その米戦争屋は、日本の自衛隊を米軍傭兵化しようとしていますので、日本会議が反米右翼ではなく親米右翼にとどまる限り、その活動を認めています。このように日本を乗っ取る米戦争屋は日本会議を利用して、彼らの属国・日本を再度、軍国化しようとしています。

時代錯誤そのものの日本会議の連中が、日本でデカい面をしているのは、日本を乗っ取る米戦争屋にとって利用できる対象として泳がされているからに過ぎません。

ちなみに、上記、米国戦争屋は今、旧・戦争屋から新・戦争屋に移行しつつあると本ブログでは観ています。そして、新・米国戦争屋(世界的寡頭勢力の主要構成メンバー)およびそのロボット・悪徳ペンタゴンまたは悪徳ヘキサゴンを構成する日本人勢力の定義は本ブログNo.1655の注記をご覧ください。


2、日本会議の連中は日本を乗っ取る米国戦争屋CIAに利用されているに過ぎない
日本会議の連中は、安倍氏の祖父・岸信介らがつくった国際勝共連合(注4)とつながる親米右翼であり、その背後には統一教会(=世界平和統一家庭連合)(注5)が控えています。

この統一教会は、日本を乗っ取る米戦争屋CIAの中の極東謀略工作部隊の下請け機関です(注6)。

以上より、日本会議は統一教会経由で、旧・米戦争屋CIAの極東謀略工作の下請けをやらされているという側面があります。

旧・米戦争屋CIAは、日本会議を、自分たちの極東謀略工作の下請け組織である統一教会配下の親米右翼団体と位置づけていますから、日本会議が親米右翼であるかぎり、その存在を容認するでしょう。にもかかわらず、日本会議は図に乗って、旧・米戦争屋CIAネオコンの反対する高速増殖炉・もんじゅ続行運動をやったことがあります(注7)。

この事実から、日本会議の連中は親米右翼を気取りながらも、日本を乗っ取る旧・米戦争屋CIAネオコンの怖さがよくわかっていないことをすでに露呈しています。

3.日本会議は極めて中途半端で底の浅い親米右翼にすぎない
日本会議の連中は、自分たちを親米右翼と位置づけていますので、日本を乗っ取る旧・米戦争屋からは評価されていると勝手に思い込んでいるかもしれませんが、その日本会議の連中がみんな、旧・米戦争屋の中の過激派・CIAネオコンの正体をよく知っているとは到底、思えません。彼らは実に中途半端で似非もの的な右翼連中です。真の愛国者では決してありません。

安倍氏は、このような連中に担がれているわけですから、もうどうしようもありません。安倍氏周辺の自民党議員はことごとく日本会議メンバーですが、彼らの所属する政党名が自由民主党とは恐れ入ります、悪い冗談でしょうか。
安倍氏を筆頭に、自民党内の日本会議の連中が、自分たちを自由民主党員と名乗ることほど、国民だましの欺瞞はありません。

安倍氏は国民に向かって何事につけ、ウソしか言わないのは、自由民主党員を名乗る国家主義者だからです。

産経などの世論調査によれば、安倍政権の支持率が再び上昇しているそうですが、とても信じられません!ネトウヨ以外に、いまだに安倍氏を支持している人がまだいるとすれば、そのような国民は、安倍氏が時代錯誤の日本会議一派であり、民主主義者とは程遠い時代錯誤の国家主義者であることに気付くべきです。
 




匿名希望
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)