fc2ブログ

新党憲法9条が存在していたら稲田防衛相に米艦防護命令を出させなかった(天木直人のブログ)

憲法9条がいつの間にか崩壊に向かっている。
国民が知らない所で、決まってしまっていることがある。

天木直人のブログより引用します。(リンク)

///////////////////////////////////////////////////////////////////
(引用開始)

今日のNHKが朝っぱらからトップで繰り返し流し、きょうの各紙が一斉に一面トップで報じました。

 それは、米軍の要請に基づき、きょう5月1日に実施される海上自衛隊による米海軍艦船の防護の事です。

 これは我が国の防衛政策の一大転換点であり、分岐点です。

 もちろん憲法9条違反です。

 だからこそNHKも各紙も、これほど大きく報道しているのです。

 こんな重要な政策決定が、いつ、どのような形で行われたのだろうか。

 そう思って各紙を読み比べてみて唖然としました。

 どの記事も、政府の正式な発表に基づいて記事にしたのではなく、政府関係者への取材で分かったと書いているのです。

 そんな馬鹿な事があるだろうか。

 そう思ってさらに読み進めてさらに唖然としました。

 すでに、2015年に成立した安保法関連法案によって、防衛大臣の判断で実施命令を下す事が出来るというのです。

 いいですか。これは米艦防護の演習ではないのですよ。

 米艦船が有事に関わった場合にその米艦を防護する実戦の命令なのですよ。

 その命令が、こともあろうにあの稲田防衛相の判断で下されたというのです。

 まさしく憲法9条違反がなし崩し的に行われたのです。

 これはおそろしいことです。

 おもえば安保法制が議論された時、この集団的自衛権の行使の憲法違反はさんざん指摘されたました。

 いつ、どんな時に、どのように行われるのか、さんざん議論されました。

 しかし、安倍政権のごまかしの答弁によって、何も明らかにされないまま、最後は強行成立させられてしまいました。

 その後は、もはや政府に白紙委任状態です。

 どの報道を見ても、今度の米艦防護の初の命令について、それが、あの安保法制の議論の中で懸念されていた事が現実になったと批判するものは皆無です。

 こうして憲法9条は完全に骨抜きにされていくのです。

 果たして連休明けの国会審議で、野党共闘はこの稲田防衛相の実施命令について、それが憲法違反だと追及するでしょうか。

 おそらくそうはならないでしょう。

 共謀罪や森友問題の追及に忙しくてそれどころではないでしょう。

 そして、それさえも腰砕けに終わり、後は東京都議選一色の政局になるでしょう。

  これがこの国の政治の現実です。

  既存の護憲政党の限界です。

  何としてでも新党憲法9条をこの国の政治の中につくらなければいけない。

  たとえどんなに弱小の政党であっても、憲法9条こそ、他のいかなる国も持つに至っていない、人類の崇高な政治哲学、政治理念であって、それを国是とすることこそが、日本の政治の最も重要な使命である。

 その事を、その事だけを、国会で大声で主張し続ける政党がこの国には必要です。

 新党憲法9条がこの国の政治の中に存在していたら、憲法9条を愛する世論の願いを結集させて、米艦防護の実施命令など、稲田防衛相に決して許すことはなかったでしょう(了)

(引用おわり)
///////////////////////////////////////////////////////////////////



匿名希望
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)