FC2ブログ

ネット上にスピリチュアル情報が蔓延する時代背景


スピリチュアル系という言葉を聞きます。一種のネット上の宗教のような話に関心を示す一団をいうのだと思います。

地球がポールシフトを起こして大洪水が発生するとか
アセンション(輪廻転生?)とか
ロックフェラーやロスチャイルドなど国際金融資本に関する陰謀系の話とか
英国王室はレプテリアンという宇宙人であるとか

実に様々な 話が出ています

実社会でもインターネット上でもよくある「人を洗脳して操る方法」として、以下の方法が非常に多く実際に使われています。

話し全体の90%~95%は、隠された真実を暴露したり、美談であったり、何しろ人を惹きつける魅力のある話をし、残りの僅か5~10%に作為的な情報を入れておけば、比較的簡単に人を意のままに操る事が出来ます。
例えば、自然現象と思われている地震を 実は人工的に起こす技術が既に有り、3.11の東日本大震災は人工地震である・・・・ という具合に暴露情報を発信すると、人目を惹くことが出来ます、そして、現在の科学技術では確かに地震を人工的に発生させる事は比較的簡単な事であるという事が判ります(これが話全体の90%の真実部分)。

そしてこれからが、10%の作為的情報、誘導し洗脳したい方向性の情報ですが、これは 一種のポジショントークであり、例えば 反米的立場の人は、3.11は米国が起こした・・・と言い、あるいは、イルミナティが裏で仕掛けた・・とか、確かめようもない話がたくさん出てきています。要するに、いわゆるスピリチュアル情報の中には、暴露的な真実の情報と、作為的に誘導したいプロパガンダや偽情報が混在しているという事です。

では、何故 インターネット上には この様なスピリチュアル情報が溢れているのか?誰がどんな理由で そういう情報を流しているのか?という疑問が生じるのです。

その一つの原因として考えられるのは、インターネットの普及によって従来は隠されていた秘密の情報や権力者が隠したい情報が非常に早いスピードで一般庶民に拡散してしまう事の対策として、スピリチュアル情報と称して洗脳情報を格納して情報拡散する方法がとられているのでしょう。

もう一つの原因は、宗教のコミュニティー化によって信仰の場をインターネット上に求める真面目な宗教信者が増加したからです。

例えば、インターネットによって教祖キリストが実は東洋人的風貌であり、白人が信仰し易いようにキリストは白人的風貌にデフォルメされていた、という事が暴露されてしまうと、敬虔なカトリック信者は心から信仰することが出来なくなります。
日本においても巨大新興宗教の教祖が実は在日韓国人であるという事が暴露されてしまうと、本気で信仰する人は減少します。
(しかし、組織はなくなりません、何故ならば、宗教団体は、純粋な信仰の場とは別の機能 つまり、就職斡旋、娯楽サークル的機能、などコミュニティー的性質があるからです)

そこで敬虔な信者はインターネット上に信仰の場を求めています。その受け皿になっているのが、このスピリチュアル情報なのです。

また、例えば、英国王室も様々なスキャンダルや背乗り拓卵など外部勢力による乗っ取り行為などにより、その権威は失墜していますが、権威を保持する一つの対策として、英国王室は実はレプテリアンという宇宙人であるという情報をスピリチュアル情報に格納して拡散すれば、さすがに宇宙人と言うと歯向かえなくなるのです。
そういう(作為的)情報を工作員がばら撒くのです。その方法は、上記でも触れましたが、90%の真実の情報に10%の誘導的偽情報を混ぜて情報拡散するのです。

まとめて言えば、スピリチュアル情報が蔓延している原因と目的は、2つある。

※インターネットの発達により宗教教祖など権力者の隠しておきたい事実が表に出されてしまい、真面目な信者は既存宗教から離れて、信仰の場をネット上に求めるようになり、その受け皿を用意した
※王室など権力者の不都合な真実がインターネットで暴露されてしまい、その権威は失墜しているが、権威を保持する為に誘導的情報をインターネット上に流す必要性が生じている

と言うことを、十分に理解したうえで スピリチュアル情報を取り入れて欲しいです。真実も含まれて居ますから・・・
ところが、困るのは、受験勉強によって暗記するだけの脳が発達してしまうと、話をそのまま鵜呑みにするか、全く信じないか、二つに一つになってしまうことです。この部分は真実だが、あそこは虚偽だ・・という判断を出来ないといけませんね
例えば、最高の受験脳を持った最高の大学を卒業した学歴エリートでも、90%の真実に10%洗脳情報を格納すると結構 騙され 意のままに操られることも多いですから注意すべきです。オウム真理教なんかは高学歴多かったですよね?



ドクターK
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日米2国間協議でトランプ大統領が対日赤字縮小を求め・貿易戦争が始まることは必至

 日米2国間協議でトランプ大統領が対日赤字縮小を求め・貿易戦争が始まることは必至だ・これより日本国内の物価上昇は必至か? 政府は27日、2月10日で最終調整中の日米首脳会談に向け、トランプ米大統領が主張する日米2国間の貿易交渉に応じる方向で準備に入った。 環太平洋経済連携協定(TPP)離脱を決めたトランプ氏は、首脳会談で2国間交渉を強く求めるとみられ、交渉は避けられないと判断した。ただ、トラ...