fc2ブログ

「つまらない」→「必要ない」へ移行しつつある


>かつては、人々の意識と現実が私権で統合されていた。ままならない私権の現実(私権不全)から離れて片時の充足を得る為に、そのようなものが脚光を浴びていた。<

その通りですね。さらに

>テレビが面白くなくなったという事に加えて、テレビから流れてくるものが話のネタにもならなくなったということも感じました。<47330

>かつては、レコード大賞は?高校野球の優勝校は?芥川賞直木賞は?と聞かれて答えられる人も多かったが、今やそんなことに答えられるのは現実逃避のマニアと言っても過言ではない。<

ということは、おしゃべりと言う最大の解脱共認のネタにならなくなったということです。いづれTVを見る人種は、かつてのオタクと同じように見なされるようになるのではないでしょうか?

番組の内容にもよりますが、(少なくとも芸能ネタのワイドショーやお笑い番組は)もう既に「つまらない」という次元から「必要ない」の次元に移行しつつあるようです。TVにとっては致命的な構造にあるのだと思います。





鈴木龍也 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)