fc2ブログ

ゴミよりたちの悪い「言い捨て」

御盆休みもあって久しぶりにテレビを観る時間が多くありました。観るものはニュースが多くなるのですが、ニュースキャスターや論説者の言葉が悉く「言い捨て」であることに唖然とさせられました。

例えば住基ネットの個人番号通知の封筒が透けて見えることを取り上げて、そこの首長は何を考えているのかと言うだけ。他にも「じゃぁ、あんたはそもそも何が問題と考えてるの?」と思うことばかりでした。突つくネタを取り上げては解説や批判をするだけで「言い捨て」以外の何ものでもないと思いました。

日常の仕事関係では「言い捨て」だけの人間など、何の役にも立たず見放されていくだけですが、ことマスコミの場合は「言い捨て」が当たり前で、ただ言葉が面白くさえあればもてはやされます。所謂、毒舌などがその典型かもしれません。久米宏なんかはCM前の言い捨てを売り物にしている節さえあります。

次から次へと「言い捨て」のネタを探してはばらまいて大衆に話題を提供し、それがまた大衆の無為な言い捨てとして広がっていく。捨てられたものが繁殖するので、ごみ以上にたちが悪いと思いました。





石橋直樹
スポンサーサイト



コメント

[面白さは探求心を純心大和心にする。役に立たない抽象軸を馬鹿にするから容易に外国化して戦争化する国である。具体的地平を超え抽象的に]

[面白さは探求心を純心大和心にする。役に立たない抽象軸を馬鹿にするから容易に外国化して戦争化する国である。具体的地平を超え抽象的に]
しかしこれからの時代は面白さこそ大事である。それが探求心をそそり心を純心の大和心(反マスコミ用語である)にする。退屈な砂漠では心が死ぬ。役に立たないものが大事である(学問の唯一いい所はそれ重視の点)。類ブログでも無駄な長い議論の効用の意表企業あったな。これ忘れるから飛躍すれば旧日本はすぐに軸を忘れてPacificFlood戦争化の風景である。マスコミュニズムを超えるにはそのまま流しでなく変換して自分の言葉で話すこと。この瞬間に光。つまり定義されたところの文明である。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

安倍政権下で企業は内部留保が過去最高となりウハウハだが、国民はじり貧でヒーヒー

安倍政権下で企業は内部留保が過去最高となりウハウハだが、国民はじり貧でヒーヒー、企業が蓄えたもうけを示す「内部留保」が増え続けている。財務省の法人企業統計によると、2015年度は377兆8689億円と前年度から約23兆円増加し、4年連続で過去最高を更新した。アベノミクス効果をアピールしたい政府は、来年の春闘もにらんで賃上げなどに回すよう迫っているが、企業側は慎重だ、に関連する最新のWeb情報...