fc2ブログ

新聞が面白くない理由

というタイトルの本を最近読んだ。
そこでは新聞記者や新聞社が、便宜供与やサイドビジネスの陥穽にはまり、ペンの力が鈍っているといった趣旨が様々な事実指摘と共に述べられていた。
こうした見方は一面的を得ているように見える一方、何処か違和感を感ずる。はたして便宜享受や副業をやめて、清廉潔白になれば新聞が面白くなるのだろうか。
残念ながらそれだけの問題とは思えない。
新聞が面白くなくなったのは時代を切り開いて見せる新しい認識を提供できなくなったから、云い替えれば先見性という最も大切な機能を殆ど失ってしまったからではないか。
本、新聞、テレビ、ネットなどメディアの種類を超えて、状況認識の質こそが今最も問われている時だというのに。





高橋克己
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)