fc2ブログ

ロシア人たちからの警告 ④


318629からの続きです。

================================
何よりもまず、米軍の司令官たちに訴えたい。皆さんはウィリアム・フォーロン提督の事例を追跡してみて欲しい。イランとの戦争に関して質問をされた時、報道によれば、同提督は「私の役割ではない」と答えた。あなた方が自殺志向なんて持ってはいないということ、ならびに、実態とはすっかりかけ離れた帝国主義者特有の尊大さのために自分の命をかけようなんて思ってはいないことを我々はよく承知している。もし可能ならば、どうかあなた方の参謀や同僚、そして、特に非制服組の上司に対して、あなた方がその役割についている限りはロシアとの戦争は決して起こさないと告げて欲しい。最低限でも、自分のためにそう誓って欲しい。自殺的な命令が下される日が来たら、それは犯罪であることを理由にその命令を実行することを拒否して欲しい。ニュルンベルグ法廷によれば、侵略戦争を始める・・・という行為は国際犯罪であるだけではなく、それには組織全体で蓄積された悪が含まれるという理由から、それは他の戦争犯罪とは異なって、より悪質な戦争犯罪となることを覚えておいて欲しい。ニュルンベルグ裁判以降、「私は命令に従っただけだ」という主張はもはや有効な弁護とはならない。どうか、戦争犯罪者にはならないで欲しい。

また、米国の市民にも訴えたい。ロシアを戦争に引っ張り込もうとし、1時間以内には米国を破壊する能力を持っている核大国と不必要な武力対決をする政策を許し、それらを支援する無責任で好戦的な行為にどっぷりと浸かっている政治家や政党に対して反対して欲しい。そのために、平和的で強力な行動を取って欲しい。声を挙げよう。マスメディアによるプロパガンダの障壁をぶち壊して欲しい。そして、同胞の米国人が米ロ両国の間に存在する非常に大きな危険に気付くように手助けをして欲しい。

米国とロシアはどうしてお互いを敵国として見なければならないのかに関しては客観的な理由はない。今起こっている敵対関係は全面的にネオコンたちの狂信的集団が主張する過激主義によってもたらされた結果である。そのメンバーたちはビル・クリントン政権下で連邦政府に潜り込むことを許され、彼らは自分たちの命令に従うことを拒む国家はすべてを敵国と見なし、そういう国家を崩壊させた。彼らの疲れを知らない取り組みによって、前ユーゴスラビア共和国やアフガニスタン、イラク、リビア、シリア、パキスタン、ウクライナ、イエメン、ソマリア、ならびに、その他の国で、百万人を超す無実の市民がすでに死亡している。これはすべてが米国は単なる普通の国家ではなく、世界に君臨する帝国でなけれならない、何れの国でもその指導者は彼らの前に屈服しなければならない、さもなければ政権の座から引きずりおろしてしまうぞ、といった脅迫的な主張のせいである。しかしながら、ロシアにおいてはこの圧倒的な力は最終的には梃でも動きそうもないものに遭遇した。ロシアが我々を破壊する前に、ロシアを強引に引き下がらせなければならない。

ロシアは米国を攻撃しようとは決してしないし、EU加盟国に対しても同様だ、と我々はきっぱり断言することができる。ロシアはソ連邦を再興することにはまったく興味がないし、「ロシアの脅威」とか「ロシアの侵攻」はまったくあり得ない。最近のロシア経済の成功はその多くの部分が以前のソ連邦が依存していた諸々の悪弊から脱皮し、「ロシア第一」という政策を推進したことによって実現されたものだ。しかし、もしもロシアが攻撃を受けた暁には、たとえ攻撃の脅威を受けただけであったとしても、ロシアは一歩も引き下がとうとはしないだろうし、ロシアの指導者は「目をぱちくりさせる」ことなんてない。これはもう確実だ。米国にとっては非常に大きな不幸であると言わなければならないが、ロシア人は自分たちが誓ったことを遂行し、核弾頭を発射する。その攻撃によって引き起こされた破壊から米国が立ち直ることはもはやないだろう。たとえロシアの指導者の全員が米国の第一撃によって殺害されたとしても、いわゆる「死の手」(あるいは、「ペリメーター」システム)が十分な数の核ミサイルを自動的に発射し、地図上から米国を抹殺してしまうことだろう。このような大惨事を防止するために、我々は自分たちの責務を果たすべく全力を尽くしたいと思う。

Evgenia Gurevich, Ph.D.
リンク

Victor Katsap, PhD, Sr. Scientist
NuFlare Technology America, Inc.

Dmitry Orlov
リンク

The Saker (A. Raevsky)
リンク
===============================
転載終わり。





takigawa hayami 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)